イメージ画像

チャゲアスと私

 

この記事は、
管理人である私・ダイマツが
日々どのようにCHAGE&ASKA関連のものに
関わってきたか、

 

そして関わっているのかを
綴る内容になっています

 

第一回となる今回は、
プロフィールページに書いた
チャゲアス楽曲との出会いを
より細かく書いています

 

どのように彼らの曲に触れ、
好きになったのかは人それぞれ、
ダイマツさんはそうだったんだ!
…という感じでお楽しみ下さい(笑)

 

友人からのごり押し

 

僕がチャゲアスを聴き始めたのは15歳、
中学3年の時ですが
14歳の時にX(後のX JAPAN)にハマり、
チャゲアスにのめり込むまでの
1年弱という短い時間を
Xを聴くことに費やしていました

 

ある日友人が、
突然僕に訊ねてきました
「チャゲアス持ってない?」

 

僕には三つ上の兄がいるのですが、
その当時洋邦問わず流行っていた音楽を
聴いていたミーハーだった
兄のカセットテープの中に、

 

チャゲアスの曲が入ったものがあったことを
たまたま覚えていた僕は
兄のだけどあるかも、と
友人に答えたところ、

 

「それで良いから貸してくれ!」
と言われ、兄のものをそのまま貸すのは
兄に悪いと思い、
自分のカセットテープにダビングして
友人に貸したのです

 

友人の話では、
チャゲアスの曲を何か一曲聴いた時に
すごく良かったが音源を持っていなかったらしく、
持っている人を探していたということでした

 

彼は僕の渡したテープを一通り聴いた後、
「ありがとう!凄く良かったよ、
ダイマツも聴けよ!」
と半ば強引に薦められたのです

 

その頃、まだまだXに夢中だった僕は
全く方向性の違うチャゲアスの音楽には
見向きもしなかったのですが、

 

友人のススメとあらば
邪険にすることもできないので、
しぶしぶチャゲアスを聴くことに
なったのです

 

「水の部屋」との出会い

 

「チャゲアスどう?良かっただろ?」
と友人に問われた僕は
何となく「良かったよー」という返事をして
やり過ごそうとしていました

 

すると、学校で顔を合わせる度に
アルバムをダビングしたテープを
持ってきては僕に貸してくれました

 

その頃に聴いたチャゲアスの曲の印象は、
良い曲もあるけどハマってしまうほど
虜になるようなものは感じていませんでした
僕の中では、まだまだ断然Xの方が
好みの音楽だったのです

 

友人から借りたテープには
『RHAPSODY』『ENERGY』の
名前が書いてあり、

 

僕と友人は何度もそのテープを
聴き続けました
好きな曲について語る友人とは裏腹に
僕の心はまだチャゲアスには染まっていませんでした

 

次に友人が持ってきたテープは
『SEE YA』でした
僕は彼からテープを借りると、

 

これまでと同じように
このアルバムにものめり込めないまま
聴くんだろうな、という気持ちで
聴き始めました

 

DO YA DO」を聴き終わった後、
水の部屋」という曲が始まりました
この時、まさに僕がチャゲアスを
深く聴くことになった
運命の4分44秒だったのです

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. たすの より:

    はじめまして。
    突然お邪魔しました。
    C&Aをいろいろ検索しているうちに拝見しましてちょっと興味を抱いたものです。
    私はC&Aのデビュー当時からの大ファンです。
    博多っ子です。

    • ダイマツ より:

      たすのさん>

      はじめまして、コメントありがとうございます!

      C&Aを検索して辿り着いたんですね、とても嬉しく思います^^
      デビュー当時からの大ファン、ということは
      僕よりもファン歴が断然長いですね!
      デビュー当時からリアルタイムで聴いてきたというのが、
      とても羨ましいです

      しかも博多っ子!
      僕は名古屋近郊からC&Aを応援して22年ほどが経ちました
      別記事に書きましたが、
      今年は再始動ということで
      お互い盛り上がっていきましょう!

      • たすの より:

        返信ありがとうございます。
        C&Aとは同じ時代を過ごして来た気がします。

        今回の再活動のビッグニュースは大変な驚きと喜びが同居致しました。
        お互いに応援して行きたいものですね。

        • ダイマツ より:

          たすのさん>

          またまたコメントありがとうございます!

          活動再開は本当に嬉しい出来事ですね
          解散の誤報道の後に発表された無期限活動休止も
          フタを開けてみれば解散するつもりだったところを
          寸でのところで踏みとどまったようですから、

          個人的にはそんな決断をした彼らが
          易々と活動を再開しないだろうと、ほぼ諦めていたので
          嬉しさもひとしおです

          今回の活動再開以降
          彼らがどのように活動していくのか
          まだまだ分かりませんが、

          末永く応援していきましょう!

  2. みずき より:

    こんばんは!
    確かに、Xとは真逆ですよね(笑)
    ドラムセットも壊さないし「Xジャンプ」なんてのも無い。
    「Cジャンプ」や「Aジャンプ」想像したら、ちょっと違う。
    「&ジャンプ」は…さすがに無理か(笑)
    お友達は運命の出会いを運んできたキューピッド?ですかね( *´艸`)

    「水の部屋」は、日本的な懐かしい表現がちりばめられていて
    私も大好きな一曲です。
    でも、何でこんな曲名なのだろう?と不思議に思っていたんですが
    その意味を知った時の衝撃といったら、体に電気が走る感じでしたよ。

    この曲、私が中一の時かなぁ…
    いつも給食時間に「放送委員会」によるお昼の放送が流れていて
    (学校の予定とか、放送委員がしゃべったりします)
    放送委員セレクトの曲なんかも一曲流れるんです。
    その時「水の部屋」がかかり
    「チャゲアスの曲だけど、なんてタイトルだ?」
    みたいな事を話しているクラスメイトがいて
    私は「『水の部屋』だよ」と、密かに心の中で言っていました(*´ω`*)
    「ヤー」とか「僕瞳」にいきそうなのに、なかなか良い選曲だなと(笑)

    • ダイマツ より:

      みずきさん>

      おはようございます、コメントありがとうございます

      激しい音楽が大好き!
      という訳ではないんですけど
      (好きといえば好きな方ですが
      今ではXはほとんど聴いてません)

      あの激しさが当時の僕の中では
      非日常な感覚だったからこそ
      短い期間でもハマったんじゃないかと
      思います

      CジャンプにAジャンプって!www
      &ジャンプに至っては
      もう意味が分かりません(笑)

      そうなんですよね、
      日本的な懐かしい感じが
      完全にツボったんですよ^^

      これは初期の演歌フォークや
      「モーニングムーン」からの
      ニューミュージック的なサウンドでは
      得られない感覚だと思います

      サビ直前でブレイクして
      (音が瞬間的にならない“溜め”みたいな部分)
      「ああ桜散る~」のところが
      堪らないんですよね~^^

      放送委員がこの曲をセレクトする
      センスがまた素晴らしいですね!
      確かに学校で流しても
      ポップスやロックよりも
      どこかしっくりくるような選曲ですね


コメントをどうぞ

このページの先頭へ