イメージ画像

CHAGE&ASKAのアルバムからベストな5枚を選ぶ

 

CHAGE&ASKAのアルバムを聴いていて
ふと思ったんです
「一番好きなアルバムってどれだ?」

 

しかし、アレも良いしコレも良い!
どれが一番かなんて選べない!
…ということで、

 

個人的にベストな5枚を選ぶとしたら
どの5枚だろうか…ということを
不毛ながら考えてみました

 

個人的CAアルバムベスト5

 

CHAGE&ASKAのアルバムから
5枚を選ぶにあたって、
ベストアルバム(『SUPER BEST』
『THE STORY of BALLAD』『Yin & Yang』など)、

 

セルフカバーアルバム(『STAMP』)、
ライブアルバム(『LIVE IN YOYOGI STADIUM』
『MTV UNPLUGGED LIVE』など)、

 

これらのアルバムを除き、
かつ当初は映画のサントラ盤として
発売された『熱い想い』と

 

アナログ盤のみ限定発売された
『Snow Mail』を含めた
オリジナルアルバム総計23枚を
対象としました

 

しかし5枚と言われても
なかなか5枚に絞ることができず、
結局7枚くらい選んでしまったので(笑)、
まずは次点の2枚から発表します!

 

次点1:『MIX BLOOD』

選んだ7枚から順位を付けるのが
また難しいなオイ!
ということで、次点の一つ目は
『MIX BLOOD』です

このアルバムは、
CHAGE&ASKAのアルバムを聴いていて
1曲目の「EXPLOSION」の
ロックぶりに完全にやられた1枚です

こんなロックも歌うんだなぁ、
チャゲアスすげぇ!と思わされた
その衝撃度が高かったアルバムです

 

次点2:『PRIDE』

デビュー10周年を記念した
2枚組のアルバムですね
DISC2はセルフカバーなので、
対象はDISC1のみとなります

本当は第5位でも良かったんだけど
それでは余りにも定番過ぎるかな、
ということで次点に収まりました(笑)

しかしながら、
さすがに10周年を記念するだけあって
収録曲が名曲のオンパレードですね
最初から最後まで
聴き飛ばしたい曲が存在しません

 

それでは、個人的に選んだ
ベスト5枚の発表です
とはいっても全部僅差!
僅差というか、5枚とも同率1位!

 

…と言いたいところですが、
せっかくなので順位を付けることを
強いました(笑)

 

第5位:『Mr.ASIA』

1曲目から堪らなくテンションが上がり、
続く「mebius」や
シングル「SALOR MAN」「指環が泣いた

隠れた名曲「どのくらい“I love you”」
「PLASTIC KISS」「LONDON POWER TOWN」

そして最後はCHAGEの名バラード
「夏の終わり」で締めくくられる、
極上の1枚です

この頃に出されたアルバムの中で
群を抜いた良さを感じたので
迷わず選びました

 

第4位:『Code Name.1 Brother Son』

アルバムタイトルの珍しさから
チャゲアスの雰囲気を変えた、
そんな印象を受けながら

最初に聴いた時には
微妙な気持ちになったのを
よく覚えています

しかし、このアルバムは
後から後からジワリジワリと
良さが滲み出てくるんですよねぇ

そうした感覚を突き抜けると
このアルバムが名作だと
間違いなく言えてしまう、
不思議な魅力を感じるアルバムですね

 

第3位:『NO DOUBT』

デビュー20周年に発売されたアルバムです
どうやら僕は、節目に出された
アルバムを好む傾向にあるのかも知れません(笑)

3年間、チャゲアスの活動を休止した後に
発表されたということと、
レーベル移籍をしてセルフプロデュースと
銘打たれたこの作品が、

これまでの彼らの作品とどう変わったか、
かなり期待していたんですが
期待以上とは言わないまでも
期待通り良いアルバムだな、と感じました

「the corner」「higher ground」「swear」
「もうすぐ僕らは二つの時代を超える恋になる」など、
少しテイストの変わった曲も加わり、
彼らの音楽の幅広さを感じた作品でした

 

第2位:『熱風』

これは僕の中では絶対に
外せない1枚ですね
もう何というか、ただ単純に好き!

それだけでいちいち説明も
要らないくらい愛して止まない
アルバムです

熱風」「この恋おいらのからまわり」
「翼」「あばんぎゃるど」「荒野」
「嘘」「幻夜」など
好きな曲が多すぎる!

 

第1位:『CODE NAME.2 SISTER MOON』

最初に聴いた瞬間に
「何て良いアルバムなんだ!」と
つい唸ってしまった作品です

発売当時は、
まだ『~Brother Son』の良さを
見出してなくて、
コッチばかり聴いてました(笑)

アルバム全体のイメージとしては
楽曲全部がツヤツヤしていて
聴いていて心地良いんですよねぇ

そうした衝撃を感じたのは
彼らの作品を聴いてきた中で
初めてのことであり、

また最初で最後の感覚だったので
ベストな5枚第1位に選びました

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. sister moon より:

    ダイマツさん、お久しぶりです。

    『CODE NAME.2 SISTER MOON』
    同じじゃないですかっ!
    私も1番は?って聞かれたらやっぱりこれかな。

    正直言うと、1曲くらい「ちょいと苦手かも…」っていうアルバム結構あるんですが、このCODE NAME.2 はない。全部好き。

    ベタですが、アルバムラスト曲の“On Your Mark” 大好きなんですよ。
    1曲目の“もうすぐだ”も めちゃくちゃ好き。
    チャゲアスのロックでは“Sea of Gray”が一番のお気に入りかも。
    CHAGEさんの名曲“NとLの野球帽”もたまりません。
    ライブで聴いたことない超マイナーな“I’m a singer”もカッコイイ。
    他も名曲ぞろい。

    そして2位の『熱風』はね、私の場合レコードだったんです。
    あ、歳バレますわねー(爆)
    何といってもファンになったの“万里の河”からですから。(^ ^;)
    その万里の河が入ってるこの『熱風』、当時は何度聴いたことか。
    ライブ初参加も熱風ツアーなんですよ。25周年お台場の熱風じゃなくてね。

    1年ほど前、初期のアルバムのCDを友人から借りてウォークマンに入れてまた聴き出しましたが、懐かしさとともに、あらためていい曲多いなと再認識しましたね。

    チャゲアスって音楽性がずいぶん変化してきた人たちですが、どの時代の曲も好きですね。

    う~ん…曲にしろ、アルバムにしろ、順位つけるのはほんとに難しいですね。

    • ダイマツ より:

      sister moonさん>

      お久しぶりです、コメントありがとうございます!
      再びコメントを残して下さって、大変嬉しく思います
      ありがとうございます!

      記事にも書いた通り、
      CODE NAME.2を聴いた瞬間の良さは
      他のアルバムでは感じられなかった
      感覚なんですよねぇ

      チャゲアスの曲って
      基本的に難しいものが多いと思うんですが、
      ストレートに良い!と感じる曲が
      CODE NAME.2には多かったんですね

      sister moonさんが
      名前として付けるだけあって
      相当好きなアルバムなんだな、というのが
      分かります^^

      「もうすぐだ」「青春の鼓動
      「Sea of Gray」「I’m a singer」など
      良い曲が盛り沢山な上に、

      個人的CHAGE曲No.1の
      NとLの野球帽」も入ってますし!
      (MTV UNPLLUGEDバージョンが一番好きですが…^^;)

      アルバム『熱風』を
      レコードで、リアルタイムで
      聴いていたという羨ましさ!

      「万里の河」でファンになったというのも
      羨ましい限りです
      初期の彼らをリアルで知っているというのは
      sister moonさんの財産ですから^^

      いやしかし、本当に好きなアルバムに
      順位を付けるというのは難しいですね
      好きなアルバムつったって、全部ですからね…
      順位を付けるなんて考えもしませんでしたからねぇ(笑)

  2. K より:

    ダイマツ様、お久しぶりです。
    大変興味深く拝見させて頂きました。

    興味深いのは、ダイマツ様の選ぶベスト5と、私の選ぶベスト5が全く違うという事でした。
    CHAGE & ASKAのアルバムは名作揃いなので、そういう結果になってもおかしくないと思いますし。

    ちなみに私のベスト5。

    第五位 RHAPSODY
    「風のライオン」「レノンのミスキャスト」「ミステリー」と、シングル級の素晴らしいメロディを持ったミディアム・バラードナンバーが多く入っている点が好きです。

    第四位 SEE YA
    何故かわからないけど、好きで何度も聴いたアルバム。

    第三位 熱風
    これはダイマツ様のベスト5の中にもありましたね。
    理由は同様で名曲が多い為。
    CHAGEの隠れた名曲「悲炎」が聴けるのが貴重だと思います。

    第二位 GUYS
    「SEE YA」と同じメンバーで更にブラッシュアップされたアルバム。
    「IF」のアルバムバージョンに、彼らのアーティスト魂を感じます。
    また、「CRIMSON」(CHAGE曲)の後に「no no darlin」(ASKA曲)が流れてきた時の感覚は、CHAGE & ASKAでしか味わえないと思います。

    第一位 風舞
    但し、ボーナストラックは抜きでの評価としたいと思います。
    「追想」で始まり「追想のテーマ」で終わるアルバム全体が1つの物語のような構成は、今でも素晴らしいと思います。
    タイトル曲「風舞」の無二の世界観、そして名曲「終章」が入っているのもポイント高いと思います。

    • ダイマツ より:

      Kさん>

      お久しぶりです、コメントありがとうございます!
      前回のコメントではKNさんという名前で
      間違いないかと思います、本当にお久しぶりです
      再びコメントを頂き、大変嬉しく思います

      他のファンの方とは全く違うアルバムベスト5、
      というのも確かに興味深いですね
      他の方の好きなアルバムを眺めるというだけで
      その人の人間性を見るような気がして
      何だか面白いですね^^

      『RHAPSODY』『SEE YA』は、
      僕がチャゲアスのファンになる前に
      カセットテープにダビングして聴いた
      アルバムなんです
      (他にも『ENERGY』がそうです)

      ファンになってからCDを買い、
      改めて聴きはしましたが
      その時にはすでに新鮮さはなかったので
      印象度としては濃いものを得られなかった、
      という経験がありベスト5には入りませんでした

      ただ、アルバム毎に好きな曲が入っていて
      曲単位でいえば全アルバムから1曲以上は
      間違いなく挙げることができます

      「水の部屋」なんかは
      この曲を知ることがなかったら
      チャゲアスを聴いてなかっただろう
      運命の一曲ですからねぇ^^

      『GUYS』を好きなファンの方、
      結構多いと想像してます

      チャゲアス黄金期に出された
      『TREE』『GUYS』『RED HILL』の中では
      『GUYS』が一番好きですね

      それにしてもKさんの第1位が『風舞』というのが
      何とも言えない気持ちになりますね!
      本当にチャゲアスを知り尽くしていないと
      選べないような気がします

  3. atnek より:

    初めまして。
    難しいですよね。
    各々のアルバムに一曲はお気に入りがありますからね。

    五枚選びましたが、順位は付けられませんでした。

    古い順から。
    ・黄昏の騎士
    南十字星、いろはにほへと、安息の日々などツボ曲多数。
    最近カラオケで夜のジプシーを歌います。

    ・TURNING POINT
    INSIDEと迷いましたが、こちらで。
    このアルバムでチャゲの歌の表現域が広がったように思うのは僕だけでしょうか。

    ・RHAPSODY
    Mr.ASIAと迷いました。ミステリーを睡眠薬代わりにしていました。

    ・TREE
    小6の時、聴きまくりました。でも、初めて買ったアルバムは、風舞(笑)

    ・codename1.brother sun
    ベンチのインパクト、ある晴れた金曜日の朝、転換期の一枚です。

    • ダイマツ より:

      atnekさん>

      初めまして、コメントありがとうございます!

      そうなんですよ、アルバム毎に
      1曲は間違いなく好きな曲がありますからねぇ
      1曲じゃないですね、1曲“以上”は
      間違いなくありますね^^

      『黄昏の騎士』も好きなアルバムですね、
      atnekさんの挙げている「南十字星」「いろはにほへと
      安息の日々」は僕も大好きです

      『TURNING POINT』も
      ちょっとした衝撃を感じたアルバムですね
      「キャンディー・ラブになりすぎて」は
      聴いた瞬間にこの曲の受けは絶対に悪いだろう、と
      思いましたからね(笑)

      『TREE』を初めて聴いた時は
      「SAY YES」で売れまくったはずの
      チャゲアスのアルバムはこんなに難しい曲が多いのか、
      と思いましたねぇ(笑)

  4. みずき より:

    こんばんは!
    アルバムランキングですって!?ダイマツさん、チャレンジャー(笑)
    この7枚の中では「PRIDE」だけ持ってないですね(;´∀`)

    1位は納得!「I’m a singer」とか好きです。

    2位は、松井さん作詞家デビューでもありますからね。
    やっぱ「熱風」のインパクトはおっきいです。
    ♪るあらぁ~ るあらぁ~ るあらぁ~♪が印象に残ります。
    「あばんぎゃるど」も、ツアーで各地を回っている感じがして好きです。
    ♪気楽な歌うたい♪がいい感じです。

    3位「僕がここに~」がじわじわきました。
    「熱帯魚」も好きだし、シングルの「群れ」「この愛のために」
    も男性っぽい感じが好きです。

    4位、チャゲアスを聞かなくなった頃かも(笑)
    今思えば後悔しかありません…
    「Something There」のMステは、リアルタイムで見ていましたが
    めちゃくちゃかっこ良かったですよね。って、話がずれました(笑)
    「ある晴れた~」は、立場逆転!って感じが面白いです。

    5位、「スローダウン」が提供曲だった事を最近知りました(^^ゞ
    「どのくらい“I love you”」は当初、あまあまソングとして苦手でした。
    ♪あした あさって しあさって♪
    がどうしても小中学生の私には、笑ってしまう歌詞…
    今改めて聞くと良い曲です(*´ω`*)

    • ダイマツ より:

      みずきさん>

      こんばんは、コメントありがとうございます!

      みずきさんの各アルバムに持つ印象、
      やっぱり人それぞれあるんだなぁ、と感じて
      とても興味深いです^^

      『NO DOUBT』では
      僕は「僕がここにくる前に」は
      苦手ですからね…

      Code Name.1の頃には聴いてなかったんですね
      それは確かにもったいない!
      アレは良いアルバムです
      アレは良いアルバムです(2回言った^^)

      「どのくらい“I love you”」は
      あまあまソングなんですよねぇ
      甘ったるいのは僕も苦手なんですけど
      曲調次第では割と聴けてしまうから、

      僕はあまあまソングだから苦手です、
      という訳ではないようです^^
      実際、『Z=One』に入っている「星屑のシャンデリア」は
      あまあまソングですが割りと好きな曲ですよ(笑)

  5. shoichi より:

    こんばんは。

    ダイマツさんのランキング、皆さんのコメント、大変に興味深く読ませて頂きました。
    やはり各々、思い入れがありますからね。
    100人いたら、100通りのランキングが存在するかもしれませんね☆

    さて、僕もこの不毛な思索を試みてみました!^^
    ものすごい悩みました…。
    3日くらい悩んだかな(笑)

    大粒の涙を飲み込んでランク外に押しやった作品達に、どんな顔を向けたら良いのか分からなくなるくらい、これは酷な企画ですね!> <

    以下、そんな苦渋の決断を下したランキングです。

    …と行きたいところですが、ダイマツさんに倣って僕も次点を2枚。

    次点1
    『DOUBLE』
    このアルバムレビュー記事に、「スゲー好き!」って書いたくせに次点です^^;
    それほど上位は激戦なのです。

    次点2
    『GUYS』
    いや、これはまさかの落選ですよ!!
    ちょっと考えられないですね…。
    名盤過ぎて、若干あまのじゃくな自分が現れてしまったようです(笑)

    では、いよいよベスト5!

    5位 『風舞』(ボーナストラック除く)
    「追想」〜「私の愛した人」への流れが、とにかく堪らないっすね!
    格好良すぎる!!
    Kさんも仰っていますが、アルバム全体の統一感、物語性は、本当に秀逸だと思います。

    4位 『ENERGY』
    全ての曲が刺激的で、このマニアックさは癖になります。
    いや、ほんと癖になります!
    「Trip」「東京DOLL」「Far Away」が特に好き!
    流れも申し分ないですね!

    3位 『SEE YA』
    この辺りから、曲の雰囲気がグッと洗練されてきた気がしますね。
    ジャケットもシャレててイイっす!
    もちろん全曲好きですが、特に「水の部屋」と「すごくこまるんだ」の世界観は素晴らし過ぎませんか?

    2位 『CODE NAME.2 SISTER MOON』
    前作の“Sun”がASKAならば、“MOON”はCHAGE。
    CHAGEの存在感が抜群に光っている作品ですよね!
    ダイマツさんが1位に挙げても何ら不思議ではないわけです。
    ラストに「On Your Mark」が鎮座していることで、全体の奥行きが広がってますよね!

    1位 『NO DOUBT』
    3年のブランクが、かなり良い方向へ転じたと思いますね!
    初聴のインパクトは他を圧倒しました!
    「この愛のために」はシングルver.の方が好きなんですが、それを差し引いても大好きなアルバムです♪
    「熱帯魚」→「higher ground」→「two of us」→「群れ」の流れは見事!こんなのチャゲアスでしか表現出来ないでしょう!

    てな感じですかね〜。
    しかしながら、やはり酷な企画ですわ、これ…。
    だって、アレもコレもどれもそれも好きですから〜!

    • ダイマツ より:

      shoichiさん>

      おはようございます、コメントありがとうございます

      いやぁ、やっぱり自分以外の
      ファンの方のアルバムベスト5を見るのは
      本当に楽しくて面白いですね!

      みなさん、それぞれ思い入れがあって
      どれもこれも素晴らしいチョイスだと思います
      もちろん、どのアルバムも好きだからこそ
      思える感覚だと感じてます^^

      ちなみに、僕が5枚のアルバムを選んだ基準は
      初めて聴いた時のインパクトです
      次いで、聴き続けていった結果
      どのように印象が変わっていったか、です

      『GUYS』『SEE YA』も
      本当に好きなアルバムなんですよね
      聴き直してみても好きな曲が多すぎる!

      『ENERGY』は結構意外なチョイス、
      のような感覚がありますね^^
      この辺りを選ぶのはどこかマニアックな
      感じがします

      「東京DOLL」良いですよね!
      昔はCHAGEらしい曲で
      誰がこの曲を好きで聴くんだろうか、
      と思うくらいマニアックな曲だと思っていましたが、

      改めて聴き直してみると
      すげぇカッコイイんですよね!
      僕は渋いところで「夢のあとさき」も
      大好きなんです

      イントロで爪弾かれるギターが
      何とも最高です^^

      『SEE YA』の「水の部屋」は
      本当に文句ナシの名曲です
      何せ、僕がチャゲアスを聴くきっかけとなった
      運命の一曲ですからね

      「すごくこまるんだ」も良いですよね~
      こういうCHAGEのマニアック路線は
      聴く度にどんどん好きになりますね
      『PRIDE』の「SHINING DANCE」も
      かなり好きですね~

      いやぁ、話が尽きませんね!
      次回、似たような記事で
      一時期流行ったバトン形式の
      チャゲアス限定版を書いてみようと
      思ってます

      お楽しみに!


コメントをどうぞ

このページの先頭へ