イメージ画像

2013年夏のスペシャルライブの位置付け

 

CHAGE&ASKAが2013年、
夏のスペシャルライブを皮切りに
活動再開を宣言しました

 

さて、この夏のスペシャルライブでは
どのような曲を歌ってくれるのか、
ライブ構成はどうなっているのか、

 

彼らのデビュー記念日である8月25日に
向けてのカウントダウンライブなのか、
など色々な想像ができて
それだけでも楽しいですが、

 

果たしてこのライブって
どういった位置付けなんだろうか、
ということを読者さんのコメントにより
考える機会がありました

 

2013年はデビュー34周年

 

「30周年やってないから35周年は
お前(CHAGE)とケーキする訳にはいかないだろ」
とはASKAのソロライブでのMC

 

そうなんです、CHAGE&ASKAは
デビュー30周年を迎える2009年、
8月25日を迎える前に
無期限の活動休止をしたのです

 

だからデビュー30周年のイベントは
一切行なっておりません
そして活動再開を宣言した今年2013年なんですが、
8月25日でデビュー34周年を迎えます

 

ファンの間では間違いなくこの日に
夏のスペシャルライブを開催するだろうと
囁かれています

 

ここで、過去のアニバーサリーイベントを振り返ってみましょう

 

CHAGE&ASKA 過去に行なわれたアニバーサリーイベント

・5周年 – SUPER EVENT LIVE『INSIDE』(武道館でのライブ)
・10周年 – アルバム「PRIDE」発売(2枚組、セルフカバーあり)
・15周年 – ベストアルバム『Yin & Yang』発売、富士急ハイランドでのイベント『史上最大のアミューズメントパーク』
・20周年 – 3年の活動休止を経て活動再開、アルバム『NO DOUBT』発売
・25周年 – 札幌ドームにてカウントダウンライブ、お台場にて『熱風コンサート』、25th Annibersary Box発売

 

デビュー30周年が無期限活動休止で
何も行なわれなかったこともあり、
今夏の夏のスペシャルライブは

 

活動再開を祝しながらデビュー35周年に向かって
盛り上がっていくための大事なスタート地点、
そのように思います

 

夏のスペシャルライブは間違いなく
盛り上がるでしょう
しかし忘れてはいけないのは、
そのライブは彼らのデビュー35周年へと向かう
第一歩なのです

 

夏のスペシャルライブ以降、
テンションが下がらないような仕掛けを
沢山用意していると思いますので
そちらも実はかなり楽しみにしています

 

余談

 

全然関係ないのですが、
ここでちょっと思い出したことを
書かせて頂きます

 

1988年から約9年間、
メジャーデビューをして活動を続けていた
JUN SKY WALKER(S)というバンドが
解散をしました

 

そして2007年、
10年間の沈黙を破り
彼らは再結成を果たします

 

再結成後のライブで
ボーカルの宮田和弥は
MCでこんな一言を言っています

 

「解散があるから今がある」

 

さらにベース担当の森純太とは
解散後には口も聞かず
すれ違っただけで衝突音がするほど
お互いの仲が凍り付いていたけど、

 

ファンによってその“氷”が
溶かされた、とも言っています

 

CHAGE&ASKAの二人は仲が悪くなった、
という訳ではないですが
何か似ているところがあるなって
思ったんです

 

2009年の無期限活動休止を宣言する直前までは
解散すると決め込んでいた二人が
オーディエンスに甘えることで
活動休止に切り替えたことが、

 

4年という時間を経て活動再開へと
繋がってるんだな、
「活動休止があるから今がある」
と思うことができるんじゃないかなって

 

だからこそ夏のスペシャルライブがあり、
35周年の向けて盛り上がれるのです!
「活動休止をありがとう」というのも変ですが、
本当に彼らのファンで良かったと感じています

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. shoichi より:

    お疲れ様です。

    まさか、JUN SKY WALKER(S)を引き合いに出してくるとは思いませんでしたよ!
    ダイマツさんは、日本の音楽シーンに結構詳しいですよね?
    それとも、バンドを組んでいたということなので、バンドアーティストに興味があったのでしょうか?
    僕は彼らのことをほとんど知らないので、再結成していたことすら…です^^;

    まあしかし、つくづく“解散”という形を取らないで良かったなと、心底思いますね!
    世には、解散しても再結成するグループなどいくらでも存在しますが、どこかやはり気持ちの持って行き方が違ってくると思うんです。

    上手く表現できないんだけど、解散だと、一度流れが完全に断ち切れてしまう。
    しかし、活動休止だと、現在進行形のままで応援している気になれます。
    (いや、実際、少なくとも僕はそうでしたから)
    この差は、きっと思いのほか大きいんじゃないかと…。

    だから、「活動休止をありがとう」
    実に的を射た表現だと思います!^^

    夏のスペシャルライブは、来年に向けての一歩に過ぎない。
    それ以降、どんなことが待っているのか、本当に本当に楽しみです!
    個人的には、NEWアルバムに期待したいですね!2枚組とか!!
    僕は、どちらかと言うと、ライブよりは音源派なんですね。
    ライブに積極的に参加するよりも、CDを繰り返し聴く方が好きみたいです。
    それこそ、ライブは映像でも十分楽しめるというタイプなもので。

    とは言え、ASKAのROCKETツアーがそうであるように、CHAGEの茶会againもソロ活動の集大成らしいので、ちょっと観ておこうかなという気になっています。
    嬉しいやら寂しいやら、まだチケットに余裕があるらしく、最終日の横浜に参戦しようかなぁ…と考えています!^^

    ところで、すでに洗脳レベルにまで達している『&C』推しですが、ふと冷静になってみると、こんなに薦めておきながら「もし気に入ってくれなかったらどうしよう…」、という不安に駆られています(笑)

    でも、最優先に繰り上げてくれて心強いです!

    • ダイマツ より:

      shoichiさん>

      コメントありがとうございます!

      ジュンスカは兄貴が聴いていた影響で、
      代表曲くらいを知っている程度です
      特に好きでも嫌いでもないのですが、

      解散から再結成などの経緯を知りながら
      再結成ライブの映像を見た時には
      やはりちょっと涙が込み上がりました^^

      日本の音楽シーンに詳しいってことはないですが
      (ないのかよ!)
      分け隔てなく良いと感じた曲を聴きたくて
      日々音楽を探求してます

      最近はチャゲアス一辺倒なのでアンテナを伸ばしてないですが、
      月に1万円程度で色んな音楽CDを買い漁るのが
      専らの趣味ですね^^

      話は逸れましたが、
      僕はCAの2009年無期限活動休止宣言を受けて
      どこかの記事にも書いたように
      CA再開をかなり諦めてました

      解散ではない、しかし活動しない
      いつになるか分からない、やるかもしれないし
      やらないかもしれない

      …という不安定な形でいつになるとも予測のつかない
      活動再開をどうやって待てばいいのか…
      下手な期待をし続けるよりは、
      期待はしないけども心のどこかで小さく期待している
      そんな感じでした

      もっとも、活動再開はないだろうくらいの体で
      考えてはいました
      そういうファンそれぞれの気持ちが
      CAの活動再開に繋がったのだから、
      「活動休止があったから今がある」であり、
      「活動休止をありがとう」と言えるんですね^^

      それぞれのソロツアーがそれぞれ集大成ならば、
      僕もASKAのROCKETツアーは行っておけば良かったと
      ちょっと後悔してます

      時間が取れなくて断念したのですが、
      それでもやっぱり行けなかったのは大きな痛手でしたかね~><

      『&C』はきっと良い作品です!
      これまで入手したCA関連の作品で
      「これはイマイチだなぁ」というのは僕の中では
      一つもありません

      一曲単位で苦手、というものはありますが
      アルバム単位で考えればそれぞれに好きな曲や
      流れがあって、
      僕もshoichiさんと同じく
      CDで何度も聴くのは好きですから^^

      ただ、バンド経験の中で沢山ライブもやってきたこともあり
      やはりCDの音と生の音というのは
      似ているようで全然違うと思うんですよね

      CDで楽しむ音楽は本当に聴くことに特化していて、
      ライブ映像はさらに観ることを付加している
      耳で楽しむ、目と耳で楽しむ

      しかし、ライブになると
      全身で音を感じることができるので
      これはもう音楽を楽しむというだけではない
      楽しさがあります

      そういう意味では、
      純粋に音楽だけを楽しむのであれば
      CDとライブ映像でも充分、ということになりますが
      僕もそれで結構充分満足してしまうんです^^

      そうしたスタイルで音楽を聴くことは大好きだし
      ことCA関連ということになれば
      “ハズレ”は100%存在しない、と思ってますので(笑)
      『&C』を気に入らないということは
      恐らくあり得ないでしょう^^

  2. shoichi より:

    こんばんは。

    月に1万円程度で色んな音楽CDを買い漁るって、なかなかイイ趣味ですね^^
    最近は専らチャゲアスということですが、僕ももう、そうなってしまってますね。
    周りがみたら呆れるんじゃないかってくらい、とにかく毎日聴いてますね!(笑)

    新しく開拓しようと思っても(いや、そんな気すら無いのかも…)、最近の音楽に触れる機会もないし(いや、触れる気すら無いのかも…)、聴いてみても全く心に響かない。
    傾向として、ファッション性を重視している気がするんですよね。だから響いてこないのかも…。
    もはや若者と感性が全然違うんでしょうね。

    その反面、チャゲアスの楽曲には、ファッション性はあんまり感じないですからね(笑)
    そこがイイんです!!
    そう!そしてハズレ作も一つもありません!
    これは完全に、ファンゆえの盲目的な評価かもしれませんが…^^;

    何よりも、そうそう一般受けしないだろうと思われるCHAGE曲の魅力に取り憑かれたら最後!
    ここを越えたならば、延々とCHAGE&ASKAの作品は聴き続けられると思っています!

    あ、早々とCHAGEの魅力に気付かれていたダイマツさんには、「何をイマサラ!」って話ですよね。。。

    話は変わりますが、実は僕はROCKETツアーにも参加してるんです。
    だからこそ、茶会Againも観ようかなって余計に思っちゃいまして。

    ただ正直なところ、心の底から満足出来なかったんですね。
    その理由の一つに、「席」にあります。
    3階席だったんですよ。そして何よりも音響がメチャクチャ悪かったんです!
    ASKAのボーカルの魅力が半減してしまってましたね…

    ダイマツさんの仰る通り、ライブというのは全身で音を浴びる贅沢な空間だと思います。
    なので、ただただ残念でした…

    1度で良いから、最前列で観てみたいものですね!!^^
    そしたらきっと、ライブが病みつきになっちゃうかもしれませんね。

    活動再開の件ですが、僕は呑気に構えてましたよ〜!(笑)
    「ま、いずれ2人でやるだろ?やるに決まってるさ!」
    ってな具合に。

    だから、ダイマツさんみたいに、ほとんど諦めていた人達にとっては、呑気な僕とは違って喜びも何十倍だったんでしょうね!

    それにしても、何度喜び合っても、嬉しいニュースですよね〜!^^
    こんなに嬉しさが持続する出来事って、そんなに無いんじゃないかなぁ。

    • ダイマツ より:

      shoichiさん>

      コメントありがとうございます!

      新しく開拓するとはいっても、
      専ら古い音楽を集めることの方が多いですね~
      新しいものはしっかりと向き合えば
      しっかりと仕上げられた音楽なら心に響くものもありますよ^^

      …とは書きましたが、
      音楽の良さを感じ取るのはそれを“聴く人”なんですよね
      僕たちみたいにチャゲアスが良いと言う人もいれば
      全くダメな人もきっといるはず

      そういうことを全て理解した上で
      ダメなものも否定せずに受け入れることが
      本当の音楽好きなんだと思います^^
      (何の話?笑)

      音響の良くない会場でのライブは
      本当にもったいないですよね~
      観客も可哀想ですけどアーティストもですよね
      せっかく良い音楽を生で披露してるのに
      その良さを満遍なく届けることができないのは
      本っ当にもったいない…

      活動再開がこれほどまで嬉しいのは
      やはり無期限活動休止宣言があったからでしょうね

      これまでのチャゲアスに
      そういった宣言がなかったので
      目立った活動がない時には
      「アジアでばっかりライブしやがって!
      早く日本で活動してくれ!」などと
      思ったものでした^^

      それが今回は完全にチャゲアスとしての活動を
      切り離した訳ですから…
      そして再開、これに喜ばずにはいられません!

  3. みずき より:

    こんにちは!
    無期限活動休止…きっとこの頃ファンだったら
    かなりショック受けてたかも!
    YMOの「散解」っぽい感じも受けました。
    私はFCに入って無いのでどんな事が待っているのかわかりませんが
    レジに持って行くのをためらった「週刊現代」の記事を読み
    何が待っているのか楽しみにしています!
    唯一、私が経験したのは15周年ですが、富士急には行けなかったなぁ。
    そしてイベントに居た着ぐるみ?どこにいったんでしょうか(;´∀`)
    正直「これは!無いな…」と思ってました(笑)

    • ダイマツ より:

      みずきさん>

      こんばんは、コメントありがとうございます!

      僕はショック!というよりも
      「ああ、そうなのか。
      でも無期限活動休止つっても
      多分活動再開はほぼないだろうなぁ…」
      と思ってました

      …つか週刊現代!
      まだ読んでないんですよー
      ツイッター上でも結構話題になってるし
      内容が気になります…

      15周年の富士急でのイベントは
      僕も行ってないですが、
      CAの着ぐるみは何というか斬新じゃないですか?^^

      人間の着ぐるみを人間が着るって
      色々間違ってるところとかちょっと面白いですよね(笑)


コメントをどうぞ

このページの先頭へ