イメージ画像

レビュー:WORKING/MULTI MAX(c/w)

 

【収録作品】

■シングル
・WINDY ROAD
 (c/w:WORKING)

■アルバム
・STILL

■映像作品
・MAXISM IN BUDOKAN

 
 

補足情報

 

●1991/04/12:東芝EMIよりシングル発売

●A面収録楽曲:WINDY ROAD

作詞:陣内大蔵、作曲・編曲:村上啓介

 

レビュー

 

MULTI MAXの伝説の名曲
WINDY ROAD」のc/wに収録された
村上啓介制作の「WORKING」

 

彼らの楽曲は、
当然ながらメンバー全員の
作曲した曲を
聴くことができ、

 

その曲を三人の魅力で
楽しむことができる
CAでもない、CAそれぞれのソロでもない
全く違った面白さがあります

 

ギタリストでありアレンジャーでもある
村上啓介の楽曲は、
ギタリストらしく
ギターロックを全面に押し出した
ノリの良い曲が多く、

 

「WORKING」もその一つで
ロックンロールを織り交ぜたような
ギターリフも聴くことの出来る
格好良い一曲に仕上がっています

 

歌詞を書いたのは
なんと陣内大蔵!
「深呼吸」「好奇心」「空よ」など
代表曲を多く産み出した
彼の作詞は、

 

韻を踏みながら
サラリーマンの一日の苦悩を
描いた、ものすごく共感できる
内容となっています

 

朝、目覚める直前まで
大したことない夢を見て、
昼間は仕事の忙しさに
追いやられ、

 

仕事が終わった後は
彼女の相手に辟易し、
一日の悩みは解消できずに
結局眠りについては
良い夢を見て癒されたい…

 

ザクッと歌詞のストーリーを
書いてみましたが、
歌詞を眺めていた時に
面白いことに気が付きました

 

寝覚めの浅はかな夢、
眠りに就く時に願った
甘い夢…

 

一日の最後は
次の一日の始まりへと繋がる、
夜に望んだ甘い夢も
朝には浅はかな夢となっている…

 

この曲、サラリーマンの
悲壮感が無限ループしていることを
巧みに表現しているんですよ!

 

何だかすごく悲しくなってきた…

 

陣内大蔵の歌詞、
村上啓介の作曲、そして編曲が
ここまで見事に融合して

 

サラリーマンの悲哀を
それはまるで
彼らの心の叫びを象徴するかのように
勢いよく歌われ、
声高にギターが泣き、

 

時間をくれ、金をくれ、
愛をくれ、力をくれ、
とうなだれていく様子を
描いている…

 

そんな悲しい歌を
カラッと吹き飛ばしてくれるように
表現しているようにも聴こえる、

 

つまりリスナーの気持ち次第で
暗く沈んでしまうか
明るく乗り切ってやろうと思うか

 

音楽には「コレだ!」という
答えはないんだ、
聴く人それぞれの中に
答えはあるんだ!
…と、考えさせてもくれる
内容だと僕は感じるのです

 

世のサラリーマンがた、
辛い気持ちを共有して
それに負けない忍耐を
今こそ見せてやろうではないか!
(何だこの締め方…)


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ