イメージ画像

レビュー:WANNA BE YOUR MAN/MULTI MAX

 


 

【収録作品】

■アルバム
・RE-BIRTH

 
 
 

補足情報

 

●1993/06/09:発売のアルバム『RE-BIRTH』に収録

●作詞:青木せい子、作曲:CHAGE、編曲:村上啓介

 

レビュー

 

MULTI MAXのアルバム
『RE-BIRTH』の発売当時、
ロックやポップスという
音楽を聴いていて、

 

全く聴いたこともなかった
“組曲”という音楽形態を
リスナーが受け入れるかどうかも
分からないのに、
アルバムに収録してしまった
MULTI MAX

 

70年代や80年代の
海外ロックにおいては
すでに組曲なるものが
存在しており、

 

その影響を受けて作られた
「組曲WANDERING」は、
彼らの音楽に対する遊び心、
自由度の高さを物語っています

 

だけども!
ここまでやっちゃうの!?
…と思った人も多いと思います

 

ただ言えることは、
あのCHAGEが、あのMULTI MAXが
やることだから、

 

個人的にはそういうの大好きだし、
組曲だろうがオペラだろうが
CHAGEがやるなら許しちゃいます(笑)

 

そんな彼らの異色作
『RE-BIRTH』の一曲目に
収録された「WANNA BE YOUR MAN」

 

なんと、これまでのアルバムでは
「MOFU」というインスト楽曲から
始まっていたのに、

 

『RE-BIRTH』では
一曲目から早速名刺代わりの
ノリの良い一発を聴くことができます

 

さて、ここで発覚した
MULTI MAXの音楽性は
「懐かしいけど新しいサウンド」
と、CHAGE

 

この曲はその音楽性を
存分に活かした作りに
なっているようです

 

まず、60年代のリズムと
強調されたベースライン
この辺りはよく聴かないと、
あるいは音楽を幅広く好きでないと
分からないかもしれません

 

分かる人がすごい、
分からない人はすごくない、
ということではありませんよ?

 

音楽を聴くのに一番大事なのは
“聴いていて気持ち良いか、
楽しいかどうか”
ですから

 

このことを忘れて
「ジャンルレスで音楽聴いてる
オレ格好良い!」
とか思ってるのであれば、
勘違いも甚だしいですよ

 

格好良くあるために
音楽を聴くのではありません
自分が気持ちよくなる、
楽しい気持ちになるがために

 

そして音楽を聴いて
自分だけの、本当の意味で
“好きな”音楽を
楽しみましょう

 

話を戻しましょう
「WANNA BE YOUR MAN」の
リズムとベースラインは、
60年代の音楽、恐らく
ロックンロールがベースに
なっているように思います

 

シンプルなコード進行、
シンプルな8ビート、
シンプルなはずなのに

 

CHAGEの作るメロディーラインと
村上啓介のアレンジ技術が
一筋縄ではいかない仕上がりを
見せている…ような気がします(笑)

 

そしてCHAGEの声は
ラフ録り用の小さいスタジオで
レコーディングされた、
音の反響がハンパない
ミキサー泣かせな作り込み方!

 

ミュージシャンは
自分の理想の音を追求するあまり、
そこまでこだわるのか!
と、心を震わされました

 

そういうエピソードを
ライナーノーツで読んだ時に
初めて知って、

 

「他の曲と声の“鳴り”が違うよね」
とは…さすがに気が付きませんけども(笑)
CHAGE本人としては相当満足できた
音作りになっているようです

 

歌詞も面白くぶっ飛んでいて
“貴方のオトコになりたい”という
曲名からは想像できない
UFOや未知のウィルスが登場し、

 

もはや何を歌っているのか
分からない、
でもノリノリだし力技で
楽しませる曲になっています

 

歌詞だけをじっくりと読めば、
なりふり構わず好きな女性を
振り向かせるんだ!という、

 

格好悪くても前に突き進む
パワーを持った主人公の心情を
描いていることが分かります

 

こうした内容を
作詞家、青木せい子の世界で表現し、
そのぶっ飛んだ世界観を
コミカルにCHAGEが歌い、
村上啓介のアレンジで聴かせる
何とも贅沢な名刺代わりの一発!

 

アルバムの異様さに驚きつつも、
飽きさせないものを作り上げる
MULTI MAXが本当に大好きですね

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. みずき より:

    こんばんは!
    私は音の鳴りも、60年代サウンドもサッパリ分かりませんが(;´∀`)
    カッコイイ曲ですよね。
    青木せい子さんって「絶対的関係」や「すごくこまるんだ」とか
    インパクトの強い作詞を書く方のイメージですが
    この曲は言葉遊びが楽しいです。
    秋からのツアーで歌ってくれないかなぁ~
    なんて言ってみたりして( *´艸`)

    • ダイマツ より:

      みずきさん>

      さて…
      1年以上も放置しておいて
      今更感も甚だしいですが

      コメントありがとうございます!

      放置の詳細は
      何も特別な理由があったりはしません

      ただただ
      このブログに多くの時間を費やして
      更新できる時間があまりにもない

      …などという自分の甘さを
      いまだ噛み締めている最中ってなだけです

      更新したい気持ちはありますので
      またいつか再開するかも知れないので
      期待せずにお待ち下さい笑

      ということで
      コメントへの返信をさせて頂きます

      マルチのアルバムの冒頭には
      必ずこうしたタイプの楽曲が
      収録されてますよね

      全楽曲を聴いていくと
      好みの分かれる曲が結構あるんですが
      好きな曲を集めてプレイリストを作るなら

      この曲は間違いなくチョイスします!

      歌詞は本当にぶっ飛んでる
      …というかもう何言ってるのか分からない
      そんな印象を受けたまま
      よく理解もせずに聴いてます(笑)

      そういえば
      チャゲトルズでライブをやったんでしたっけ?
      マルチの曲もたくさん歌ったと
      風の噂で聞きましたよ~


コメントをどうぞ

このページの先頭へ