イメージ画像

レビュー:SURPRISE/MULTI MAX

 

【収録作品】

■アルバム
・STILL

■映像作品
・MAXISM IN BUDOKAN

 
 

補足情報

 

●1991/04/12:発売のアルバム『STILL』に収録

●作詞:青木せい子、作曲:CHAGE、編曲:村上啓介

 

レビュー

 

MULTI MAXのアルバムを聴いていると、
あることに気付きます
彼らのファーストアルバム
『HEAVEN』では、
「MOFU」から「MALTI MAXのテーマ
へと繋がり、

 

今回の記事でレビューする
「SURPRISE」は、
「MOFU II -極東のまぼろし-」から
繋がっています

 

これは「MOFU」という
アルバムの序章ともいうべき
インスト楽曲と繋がっている、
ということではなく、

 

その直後のナンバーが
リスナーの心を掴むための、
そしてMULTI MAXの音楽性を
存分に聴かせるための

 

彼ららしいロックナンバーを
配置していることに
気付かされるのです

 

「MULTI MAXのテーマ」は
曲名通り、彼らのテーマソングとして
制作されました
是も否もなく、曲名がそうだと
言ってますので(笑)

 

さて、この「SURPRISE」も
同じく彼らのテーマソングですが、
前者は『HEAVEN』での、
後者は『STILL』での
彼らのテーマソングとなっています

 

CHAGEはこの曲について
「『MULTI MAXのテーマ』の
IIっぽい曲で、
再結成を意識して作ってみた

 

詞も名刺代わりになるように、
キャッチコピーを入れて」
と言っており、

 

「SOME DAY」を一曲だけ
発表して終わるはずだった
彼らの活動に勢いを付けるため、
音楽性を活かした新たな
テーマソングを作ったようにも
思います

 

サプライズとは、
仕掛けられた相手が嬉しくなるよう
仕掛けた側が相手には内緒で
イベントを計画する、
一般的にそんな捉え方ができる
言葉だと思います

 

シングル一曲で活動を終わるはずの
MULTI MAXが継続して活動する、
これを公式に発表せずに
リスナーには内緒にして
突然の新曲発表、

 

そんな計画を
水面下で画策していた、
「SURPRISE」という曲名から
推測できるかと思います

 

実際、2作目のシングル「WINDY ROAD」と
2枚目のアルバム『STILL』は
同時に発売されており、

 

シングルの先行発売による
彼らの活動再開を匂わす動きを
完全にシャットアウトしているようにも
思えるのです

 

歌詞は、先にも書いた通り
MULTI MAXの二つ目のテーマソングで、
彼らのファンを恋人に見立てて
セクシーに表現しています

 

アルバムの序章「MOFU」が終わり、
「MULTI MAXのテーマ」が始まるように、
「SURPRISE」も彼らのアルバムの
法則に従い、

 

定番でありながら
格好良く、飽きさせず、
自らが楽しみ、リスナーをも楽しませる
魅力的なバンドの魅力的な楽曲に
仕上がっているのです

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ