イメージ画像

WINDY ROAD/MULTI MAX(シングル)

 

STILL

【収録作品】

■シングル
・WINDY ROAD
 (c/w:WORKING)

■アルバム
・STILL
・MAX TOOL Vol.1
・PROLOGUE

■映像作品
・MAXISM IN BUDOKAN
・千年夜一夜ライブ
 ~福岡ドーム僕らがホーム
・CHAGE CONCERT TOUR
 2008 アイシテル

 
 

補足情報

 

●1991/04/12:東芝EMIよりシングル発売

●c/w収録楽曲:WORKING

●1991/04/12:発売のアルバム『STILL』に収録

●作詞:澤地隆、作曲:CHAGE、編曲:村上啓介

●朋友建設 CMソング (1991年)

 

レビュー

 

MULTI MAXをして最大の、
そして最高の名曲と名高い
「WINDY ROAD」です

 

彼らの1作目のシングル「SOME DAY」も
相当な名曲なんですが、
続く2作目のシングルも立て続けの名曲、
しかも彼らの歴史を刻むには最重要な
楽曲なのです

 

MULTI MAXのライブでは
有終の美よろしく最後尾に演奏され、
観客が紙飛行機を飛ばすのが
通例となっています

 

『MAXISM IN BUDOKAN』という映像作品にも、
その様子を見ることができますので、
見る機会とアイテムがあるならば
ぜひご堪能下さい

 

この「WINDY ROAD」は
決して速くはないテンポで、
「WINDY」=“風吹く”をイメージしたような
強い風を受けて進み行く道のように
壮大で、力強い雰囲気を
楽曲全体で表現しています

 

“決して速くないテンポで、壮大、力強い”
CHAGE&ASKAの楽曲で置き換えると
ロマンシングヤード」を
彷彿とさせる存在感を放っています

 

CHAGE&ASKAの映像作品、
『千年夜一夜ライブ~福岡ドーム僕らがホーム』では
MULTI MAXの活動休止から
約3年の時間を経てステージに立ち、

 

浅井ひろみ、村上啓介と共に
会場の規模に勝るほどの
壮大で、力強いステージを
楽しむことができます

 

最後に、この楽曲は
CHAGE&ASKAの曲として
作られたそうですが、
MULTI MAXのアルバムに収録する
楽曲が不足していたため、

 

CHAGEが無理矢理ねじ込んで、
MULTIMAXの曲に“してしまった”
楽曲だそうです

 

しかしながら、聴いてみて感じるのは
MULTI MAXの3人だからこそ
ここまで強い存在感を放つ
名曲に仕上がったんじゃないか、

 

それほど彼らとこの楽曲を結びつけるのに
ぴったりなイメージソングでもある、
そんな気がしてなりません

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ