イメージ画像

LOVE/MULTI MAX(シングル)

 

【収録作品】

■シングル
・LOVE
 (c/w:SO SO)

■アルバム
・HUMAN
・MAX TOOL Vol.1
・PROLOGUE
・アイシテル

■映像作品
・MAXISM IN BUDOKAN
・CHAGE CONCERT TOUR
 2008 アイシテル

 
 

補足情報

 

●1991/11/06:東芝EMIよりシングル発売

●c/w収録楽曲:SO SO

●1992/05/20:発売のアルバム『HUMAN』に収録

●作詞:青木せい子、作曲:CHAGE、編曲:村上啓介
※作詞:青木せい子、作曲:CHAGE、編曲:河野圭(アルバム『アイシテル』)

●日石 レーサー100 CMソング (1991年)

●東映 映画『仁義-JINGI-』主題歌 (1991年)

 

レビュー

 

MULTIMAXの最大にして
最高の名曲は「WINDY ROAD」であると
レビューページに書きましたが、
彼らの楽曲の中で
僕が一番好きなものが、
この「LOVE」という曲です

 

初めて聴いた印象は、
「CHAGEらしい変わった曲だなぁ」
という感じで、

 

こんなマニアックなメロディの曲を
よくもまぁシングル曲として
発表したもんだ、と
ある意味感心したものでした

 

しかし、CHAGEの一風変わった曲は
聴けば聴くほど、
その存在が気になってくるんですね

 

噛めば噛むほど味が出る
“スルメ”のような曲だ、
とはよく言ったもので、
CHAGEのマニアック全開な曲には
そうした“スルメ”的な良さを
堪能することができます

 

あまりに行き過ぎて、
本当に理解し難い曲に
なってしまうこともありますが…(笑)

 

この「LOVE」という曲は、
愛を大切にすることで
上手くいかない出来事も
ポジティブ思考で
乗り切っていける、

 

人生において後悔のない
明るく自由な生活をしよう、
という元気をくれる一曲です

 

僕は、普段から
ほとんど歌詞を気にすることなく
音楽を聴いています

 

そうやって、雰囲気重視で
音楽を聴いていますが、
この「LOVE」から
感じ取れる雰囲気は、

 

まさに先ほど書いたそのままの
ポジティブ思考、
明るく自由な人生、
そんなことを歌っているんだなぁ、
と受け止めることができます

 

そんなスローライフを
推進してくれる「LOVE」は、
マイペースな僕にぴったりな
楽曲でもあるのです

 

何より、
CHAGEのマニアックさが光る
名曲だ、というのが
一番の好きな理由です

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ