イメージ画像

レビュー:CHAGE CONCERT TOUR 2008 アイシテル

【収録楽曲】

overture
1.アイシテル
2.BOY’S LIFE
3.LOVE
4.Mr.Liverpool
5.マシュマロ
6.SOME DAY
7.RAINY BLUES
8.夜のイキモノ
9.螢
10.Waltz
11.トウキョータワー
12.赤いベッド
13.クールで行こう!
14.Mr.Jの悲劇は岩より重い
15.[7]
16.CRIMSON
17.永遠の謎
18.ふたりの愛ランド
19.誘惑のベルが鳴る
20.Windy Road

 
 

補足情報

 

●2009/05/20:ユニバーサルシグマより発売(DVD)

●2012/05/23:ユニバーサルシグマより発売(Blu-ray)

 

レビュー

 

これまで購入してきたライブ映像は
CHAGE&ASKAの作品でしかも
何を見ようか、何を見たいかを基準に
選んできましたが、

 

このCHAGEの2008年のソロコンサートツアー
『アイシテル』のライブ映像は
衝動買いでした(笑)
思いっきり安ーくなってたので
これはもう絶対チャンスでしょ?

 

アルバム『アイシテル』は
かなり気に入っているので、
そのライブツアーの映像ともなれば
良いこと間違いなし!

 

…と観る前から心に決めていましたが、
案の定最高でした

 

それもそのはず、
アルバムに参加したバンドメンバーが
そのままステージに上がり
同じサウンドを観客に届けてますから

 

コンセプトは“AOR”?

 

このライブ映像で気付いたのは、
アルバムの音作りがシングル「waltz」の
c/wに収録されている「BOY’S LIFE」で

 

CHAGEが求めていた70~80年代の
サウンドをベースにしているんじゃないか、
ということでした

 

そのサウンドとは何だろう、
とぼんやり考えていましたが
僕は恐らくAOR(オーディオ・オリエンテッド・ロックの略)
ではないかと思いました

 

AORとは丸みのある温かく
落ち着いたサウンドとボーカルで
大人向けに作られたロックです

 

まさにアルバム『アイシテル』の
雰囲気にピッタリではないか!

 

そして、僕自身が持っている
他アーティストの名前を挙げるならば
ボビー・コールドウェル、ボズ・スキャッグズ、
シカゴ、クリストファー・クロス、

 

これらの海外アーティストが
AORのサウンドを作り上げています
確かに聴いてみると同じ佇まいを感じます

 

肝心の内容は?

 

レビューの最初に「最高でした」と
書いた通り、
このライブ映像は本当に最高でした

 

僕自身がCHAGE好きということで
贔屓目に見ているかも知れませんが、
サウンド面においてもCHAGEの作曲センスも

 

彼の透き通る美声も
嗜好にピタリと当てはまっていて
まさかここまでAORサウンドになじむとは
思っていなかったのです

 

思っていなかった、というよりは
こうした表現をしてくるとは
予想もしていなかった、と書いた方が
正解ですかね

 

セットリストはアルバム全曲と
CHAGE&ASKAやMULTI MAX、
ソロ作品の楽曲を合わせて
全20曲を楽しむことができます

 

アルバム『アイシテル』から全曲、
というのにもかなりテンションが上がりますが
その他の意外な選曲も聴いていて
かなり楽しかったです

 

特に印象に残っているのが
アルバムからは「LOVE」、
そしてアンコールで演奏された
「ふたりの愛ランド」「誘惑のベルが鳴る」ですね

 

「LOVE」はアルバムよりも
もっとジャズを取り入れた感じで
AORとの相性も抜群でカッコイイ!

 

「ふたりの愛ランド」では
サングラスを取った“優しい顔”のCHAGEが
ウクレレのみの演奏で
観客と掛け合いながら歌います

 

石川優子パートを観客が歌い、
CHAGEがリードを取ったりハモったり、
不思議な聴き心地でありながら
とても心温まるステージだと感じました

 

これは観客も相当
嬉しかったんじゃないかと思います
だって、あのCHAGEが
ハモってくれるんですよ!

 

「誘惑のベルが鳴る」は
かなり意外な選曲ですね
ライブ本編での「螢」や「赤いベッド」も
久しぶりにライブで演奏した感がありますが、

 

そのさらに上を行く選曲で
しかもAORサウンドに程よく料理されていて
ほっこりした気持ちで聴くことができます
原曲の力強さとは間逆でこれまた面白いですね

 

そして、最後はMULTI MAXのライブでも
恒例だった紙飛行機を飛ばす「Windy Road」で
締めくくります

 

実はこの紙飛行機飛ばし、
これだけCHAGEが好きだMULTI MAXが好きだと
言っておきながら

 

“生”で飛ばした経験は
一回もありません(苦笑)
「Windy Road」を肌で感じながら
紙飛行機飛ばしてみたかったなぁ…

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. みずき より:

    こんばんは!
    何だか、FCの10月会報が自粛のようですが…
    まず会報が月刊誌って、かなり珍しいですよね。
    大抵は年4回ですから。
    まあ、ASKAさんが誌上に戻って来ることを
    のんびり待ちたいと思います(^^ゞ

    「アイシテル」私も先月買いました!!
    もしや、Amazonで買いました?かなり、安くないです?
    この価格を見た時、中古だと思ってました(;´∀`)
    ASKAさんはあそこまで値下げしないのに…なぜだぁ~!!
    でも、まだ見て無いです(笑)
    一緒に「まわせ~」のDVDも買ったので( *´艸`)
    一気に見るのも、もったいないですから(笑)
    お~!?Chage派のダイマツさんが絶賛なんですね!
    「Mr,J~」「赤いベッド」「クールで行こう!」が楽しみです^^

    • ダイマツ より:

      みずきさん>

      こんばんは、コメントありがとうございます

      FC会報が発行自粛になってしまいましたねぇ
      まぁ今月のことだけだと思いますが、
      発行再開してもASKAの姿がないとなると
      それはそれで寂しい内容になりそうですなぁ…

      おお、みずきさんも買ったんですね!
      そうなんですよ、かなり安くなってましたね
      今(これを書いた日)ではすでに
      そんなに叩き売りされておりませんが…^^;

      一緒に「まわせ~」も買ってしまうとは
      かなり“大人”ですね~(笑)
      一気に見るのがもったいない、
      凄く分かります!

      絶賛というかアルバムお気に入りなので
      ライブ映像もその延長のような感覚ですね^^
      「赤いベッド」を楽しみというのが
      チャゲアスファンならでは、ですね!

  2. shoichi より:

    こんばんは。

    コメントを書くにあたり、再度このライブ映像を観たのですが、やっぱり楽しかったー‼︎^^
    ASKAソロは、どちらかと言うと「魅入る」感じなんですが、CHAGEソロは「乗れる」んですよね。
    後半の盛り上げ方は天性のものかもしれませんね。
    もちろん楽曲の良さも大いに手伝ってるんですけども。
    『クールで行こう!』『Mr.Jの悲劇は岩より重い』で、おちゃらけながら会場のボルテージを上げ、さらに『[7]』〜『CRIMSON』への流れは何度観ても痺れますな!
    そして名バラード『永遠の謎』で、MC通りちゃんと元に戻してくれますもんね!

    そうそう。
    アルバム『アイシテル』はAORサウンドなんですよね。
    チャゲアスでは出来ないことをCHAGEは作ってくれますからね^^
    それを見事にライブでも表現していますよね。
    たしかに、『LOVE』の演奏なんかはとても気持ちがイイです!
    「LOVE」好きのダイマツさんを唸らせたわけですから!

    個人的にツボなのは、『夜のイキモノ』のカット割ですね。
    あの妖艶な曲が、コーラス隊「アマゾンズ」の腰の動きや口元を要所要所で映すことによって、より際立っている気がします。

    あと、『赤いベッド』のアウトロ部分で
    「スキャンダーール♫」と声高らかに、更に転調してもう一段階声高らかに歌い上げる箇所が大好きです!
    (かなりのマニアックポイント…^^;)

    もうひとつ、『Waltz』と『トーキョウタワー』は本当に心に沁みる曲だなぁと、改めて感じます。
    両曲とも、特にCメロが抜群!

    僕も紙飛行機飛ばすのやってみたいです!
    あれ、歌ってるCHAGEは怖くないのでしょうか?(笑)

    • ダイマツ より:

      shoichiさん>

      こんばんは、コメントありがとうございます!

      いやぁ、返信お待たせしました!
      ようやく時間を見つけてアイシテルのライブ映像を
      もう一度じっくり堪能して、

      shoichiさんのコメントに
      少しでも多く言葉を返せる準備を
      整えてきましたよー(笑)

      後半のアッパーな曲の連続は
      本当に痺れますね!
      「クールで行こう!」の前半、
      リズムが変わるところがかなり好きなんですよ~

      「Mr.J」「[7]」「CRIMSON」は
      良曲目白押しですし!

      見返してみて気付いたんですが、
      「蛍」も「LOVE」に劣らず、というか
      よりジャジーな演奏でここにも
      かなり痺れましたね~
      いや、ホントに最高のライブですよコレは!

      「waltz」「トウキョータワー」の辺りは
      バラード中心の流れになってますが
      飽きない!ぜんっぜん飽きない!

      個人的にバラード系が続くと
      ちょっと気持ちがダレることがあるんですが、
      このライブに限っては全くないんですよね

      で、「赤いベッド」ですね
      「夜のイキモノ」のセクシーな雰囲気に負けず
      こちらも相当イイ感じにセクシーさが
      漂ってますよね

      shoichiさんイチオシの最後の最後の
      「スキャンダール!」は確かに良い!

      僕が見つけた気持ちのいい場所(!!)は、
      「CRIMSON」の2番、サビ直前の「地図だけ!」と
      2番最後の「REeeeeeD!」、
      最後のサビの「みーたーいーのー!」
      (「CRIMSON」だけで3箇所も(笑))

      あと「WINDY ROAD」の2番、
      「その胸で明日は恋をして」の「明日」の
      「あ」のところのCHAGEの歌う仕草が
      抜群に格好良いですな!

      …これは相当マニアックな会話ですぞ!^^;

      字の書いた紙飛行機、CHAGEが持った絵が
      映像に残るってコレ書いた本人は
      すごく良い思い出ですよね!

      確かに紙とはいえ一斉に自分めがけて
      飛んでくると思うとさすがに怖いような
      気がしますね…(笑)


コメントをどうぞ

このページの先頭へ