イメージ画像

レビュー:絶対的関係/CHAGE&ASKA

 


 

【収録作品】

■アルバム
・PRIDE

 
 

補足情報

 

●1989/08/25:発売のアルバム『PRIDE』に収録

●作詞:青木せい子、作曲:CHAGE、編曲:十川ともじ

 

レビュー

 

CHAGE&ASKA、二人の
楽曲制作に対する挑戦には
本当に頭が下がります

 

レゲエのリズムやアカペラ、
テンポ180のハイスピードなものから
ブラック・コンテンポラリー、

 

様々な音楽を取り入れながら
自分たちの“音楽”へと昇華させ、
さらに二人の音楽性を
それぞれが一曲に込めたり
二人で一曲を作り上げる、

 

無限の可能性を
どんどん押し広げている、
そんな音楽への挑戦を
いつまでも続けていたと
思います

 

この「絶対的関係」も
他ジャンルの音楽と
彼らの音楽性を掛け合わせた
楽曲の一つです

 

それはツイストという
音楽のリズムを取り入れて、
CHAGEが作曲した
官能的なロックを
聴かせてくれます

 

さすがに大人二人による
音楽の表現には、
色々な恋愛経験がある中で
ストレートには描写できない
“夜”の部分ももちろんあります

 

ASKAの代表的なものでは
Love Affair」「HOTEL
モナリザの背中よりも
パラシュートの部屋で

 

しかし、CHAGEも負けておらず
Darlin’」「Count Down」
「濡れた夢」
そして「絶対的関係」

 

しかしこの曲、
リズムが本当に気持ちが良い
「ズンタタ、ズンタッ」
というツイストのリズムは
聴いていて踊りたくなります
まさにツイストなんですよね

 

それでいて、
聴いていてもツイストを
感じさせないところが
また面白く、

 

上手いことCHAGE&ASKAの
音楽として融合した
完成度の高い曲だと
CHAGE自身も思っているようです

 

この一曲も隠れた名曲だと
個人的には思っていますが、
あまり広く曲名を聞かないのは
どの映像作品にも
収録されていないからでしょう

 

彼らの楽曲には
シングル曲として発表されずとも
代表曲として有名なものが
いくつかあります

 

シングル曲、
シングル以外の代表曲、
隠れた名曲、

 

どの曲に対しても
優劣をつけるつもりは
ないのですが、

 

隠れた名曲を
隠れたままにしておくのは
本当にもったいないことだと
感じています

 

このサイトで
そうした隠れた名曲が
多くの人に知れ渡って
いつまでも聴き継がれていくことを
願って止みません

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ