イメージ画像

夢から夢へ/CHAGE&ASKA

 

【収録作品】

■アルバム
風舞

■映像作品
CHAGE and ASKA
 25th Anniversary Special
 チャゲ&飛鳥 熱風コンサート

 
 
 

補足情報

 

●1980/04/25:発売のアルバム『風舞』に収録

●作詞・作曲:ASKA、編曲:瀬尾一三

 

レビュー

 

1作目のアルバム『風舞』は、
アルバムレビューにも書いた通り
暗い雰囲気をひしひしと
感じるアルバムです

 

じっくりと聴けば、
暗く物悲しい中にも
激しく熱い感情を
掻き立てられるような
演奏もあり、

 

一概に暗いだけの
作品ではないことが
分かります

 

しかし、やはり
纏わりついてくるような
物悲しさを拭い去ることは
できません

 

追想」から曲順に聴き始めると、
気持ちがどんどん落ちていくように
感じる最初の曲が、
この「夢から夢へ」なのです

 

さっきから、“暗い”とか
“物悲しい”としか書いていませんが、
だからといってそれが
悪いということではありません

 

そういう雰囲気を、
歌詞と演奏とが折り重なって
醸し出している様は、
作り手からすれば計算通りであり、

 

リスナーからすれば
納得のできる一曲として
存分に堪能できるのです

 

この「夢から夢へ」は、
恋愛を夢見る主人公の女性が、
それに抱く憧れと諦めの間で
揺れている切ない気持ちを
表現しています

 

歌詞だけではなく、ピアノ、ギター、
ブルースハープのみの
素朴なサウンドがより一層
主人公の切ない気持ちを
演出しています

 

1コーラス目のASKAによる
メインボーカルのみの独唱では、
「ひとりでひざを 抱えて眠る」
孤独による寂しさを体感でき、

 

2コーラス目でのCHAGEの
低音と高音とを使い分ける
コーラスがASKAの声に重なると、

 

「想いをつのれば 
ふくらむばかりの毎日」も、
「過ぎ去って見れば」
「夢はなし」と、

 

夢を見ながらもそんなものは
叶いっこないと諦めている、
寂しい気持ちに主人公自らが
納得している、

 

気持ちから滲み出る
寂しさに転換され、
更なる切なさを
感じることができるのです

 

アルバム『風舞』は、
暗い雰囲気を拭い去ることの
できない作品である、
ということを「夢から夢へ」で
まず感じ取ることができます

 

それほどまでに、
この曲は歌詞と演奏で
寂しさを増幅させているのです

 

そこには、ノリが良く
派手で格好良い曲とは違った良さが
滲み出ているように思います

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ