イメージ画像

夜のうちに/CHAGE&ASKA

 


 

【収録作品】

■アルバム
TREE

■映像作品
・TREE

 
 
 

補足情報

 

●1991/10/10:発売のアルバム『TREE』に収録

●作詞・作曲:ASKA、編曲:澤近泰輔

 

レビュー

 

アルバム『TREE』の中盤を、
前半と後半を区切るように
ゆったりと漂う息抜き的な存在、
と取れるような配置で収録されている
ASKAの必殺バラード「夜のうちに」

 

ASKA曰く、恋愛において付きまとう
“不安”=「幸せであると同時に、
出会う前と後とではどちらの方が
幸せなのか」を歌っているようです

 

その“不安”を
「夜のうちに」確認して、
拭い消そうとしているのかも知れません

 

楽曲はスローテンポの3拍子で、
これ以上はないというくらいの
たっぷりと感情を入れた歌い回し

 

ASKAの粘り気のある歌い方と、
それを支えるベースラインが
見事に絡み合い、
“夜”というキーワードを
より連想させてくれます

 

正直、この手の楽曲は苦手です笑

 

同じタイプの曲では、
アルバム『SEE YA』の
「僕は僕なりの」や、
『GUYS』の「WHY」、
『NO DOUBT』の「僕がここに来る前に」
があります

 

そのどれもが、この「夜のうちに」と
同じタイプのゆったりとした
バラードであり、
僕の苦手とする楽曲ですね

 

曲にはそれぞれ聴き方、というか
感じ方があると思います
音を聴く、テクニックを聴く、
歌を聴く、歌詞を聴く、雰囲気を聴く

 

「夜のうちに」は、そのうちの
歌、歌詞、雰囲気を聴く楽曲だと思います
ASKAの歌、恋愛における
“不安”をテーマにした歌詞、
歌と演奏とが織り成す雰囲気

 

強いていうならば、
ベースの音もすごく良いので
ぜひ耳を傾けて下さい

 

(テクニックはもちろん
言うまでもありませんが、
どこに注力して聴くのが
ベストなのかを考えましょう)

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ