イメージ画像

私の愛した人/CHAGE&ASKA

 

 

【収録作品】

■アルバム
風舞

 
 
 
 

補足情報

 

●1980/04/25:発売のアルバム『風舞』に収録

●作詞・作曲:ASKA、編曲:Maki/瀬尾一三

 

レビュー

 

アルバムの1曲目「追想」から
繋がる最初の歌が、
この「私の愛した人」です

 

「追想」から繋がっているので、
2曲セットで聴くのが
この曲を味わい深く堪能するには
ベストな聴き方かと思います

 

「追想」という長い前奏の果てに、
いよいよ「私の愛した人」の歌が始まる、
長い1曲を聴く感覚で
ぜひ聴いて欲しいですね

 

この「私の愛した人」の
曲構成は本当に面白くて、
アコースティックギターが
静かに鳴り響く中を
ASKAが歌い出していき、

 

サビでCHAGEが思わぬ方向から
コーラスを挟んできます
そして間奏へと流れていくのですが、
この間奏のロックテイストな感じが
これまで静かだった曲調と対照的で、

 

この演奏と「追想」とが
一つの流れを組んでいるようにも
聴こえます

 

間奏の激しい演奏が終わると、
再び歌へと戻ってくるのですが、
やはり静かで物悲しげな
雰囲気を保ちながら、
二人の不思議なハーモニーで
サビを迎えます

 

曲の最後の方では、
曲調がどんどん盛り上がる
仕様になっていて、

 

歌詞の主人公である
女性の淡々としていた心境が
乱れてしまったような感覚を
表現しているようにも思います

 

歌詞の口調が女性的であること、
フォークが隆盛した時代には
女性目線の歌詞が流行したことなどから、
CHAGE&ASKAの初期楽曲には
こうした女性目線の曲が多く感じます

 

この曲は相手のことを
「あなた」と呼んだり、

サビの最後の一行では
「初めはそんな つもりでいたの」

と、女性的な口調であることから、
女性目線の歌詞である
可能性が高いです

 

しかも、歌詞の内容から
主人公の短い恋愛だったことの
悲哀を表現しているように思います

 

「あなたの愛したものが
急に歪んでしまうのは」
一度の春が 二人を変えたのよ」
赤字の部分から、主人公の短い恋愛、

 

それも春を一度しか迎えていない
一年未満の恋愛だったことを
推察できます

 

永遠の愛だと信じたはずなのに
終わってしまった、
そんな悲しみを淡々と“追想”し、

 

時に感情を激しく揺らして
悲しみに暮れている
主人公の姿が目に浮かびます

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ