イメージ画像

レビュー:Watsing Time/CHAGE&ASKA

 

【収録作品】

■アルバム
DOUBLE

■映像作品
・DOUBLE
CHAGE and ASKA Concert tour
 2007 DOUBLE

 
 

補足情報

 

●2007/01/24:発売のアルバム『DOUBLE』に収録

●作詞:石塚貴洋/松井五郎、作曲:CHAGE/村田努、編曲:村田努

 

レビュー

 

個人的なアルバム評価は
本当に名作であると
再確認できない限りは

 

過去のアルバムと比べて
到底追い越すことが出来ない、
という先入観を持っているため

 

この気持ちをなかなか
覆せないでいるのですが、

 

初めて『DOUBLE』をひと通り聴いて
一番最初に気に入った楽曲が
この「Wasting Time」でした

 

何ともCHAGEらしい
ロック楽曲に仕上がっており、
CHAGE好きには堪らない
CHAGEカラー全開の一曲と
なっています

 

公式サイトのライナーノーツでは
歌詞の付いてない仮歌の段階で
「ウェスティ~ンタイム」と
言葉が当てはまった、ということです

 

仮歌の段階では
ASKAがスキャットのように
何やらフニャフニャと歌っている場面などを
見たことがありますが、

 

そういう状況で
意味のある言葉が口を吐いて出た、
というところにCHAGEが目を付けて
広げていき、
歌詞が作られたそうです

 

でも実際に歌詞を書いたのは
CHAGEではありませんでしたが…(笑)

 

「Wasting Time」=“時間の浪費”
そんなネガティブな言葉の意味を
“次に進むための準備期間”と
ポジティブな意味合いと解釈して作られた歌詞

 

そうした解釈をCHAGEが考え、
作詞家に言葉を託したのかも知れません

 

そして、演奏面ではギターのリフを
大切にしたようです

 

リフというのは印象に残ると思われる
一定のコード進行やメロディで、
これを繰り返し演奏することで
楽曲のイメージをリスナーに植え付ける効果を
発揮してくれます

 

この曲を聴いて知っている方は
イントロで流れるギターのメロディを
思い浮かべてみて下さい

 

「チャッチャ~チャラチャララ~」というあのメロディが
何度も繰り返されているのが
頭の中で鳴り響くかと思います
それがこの曲を印象付ける“ギターリフ”なのです!

 

CHAGE本人が言うように
“大好きなマイナー調のロック”を
これでもかと全面に押し出したこの曲、

 

そうした彼の音楽的嗜好があってこそ
リスナーにとっても大好きな一曲に
成り得るんだな、と思います

 

パッと聴いた時には
CHAGEらしい曲=“マニアックな曲”という
イメージを持ちながらも、

 

そこが良いというかクセになる一面を持つ、
CHAGEの魅力に溢れた曲だと感じたのですが、

 

本人に言わせると
「王道そのままで作りました」となるんだから
そういう意味でも本当に面白い一曲だなぁ、
と感じてしまうのです

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. みずき より:

    こんにちは!
    歌い出だしの声を加工?したようなのが、カッコイイ良い!
    癖になるような曲という感じです。
    次に進むための準備期間…耳が痛いですね(笑)
    私はいつまで立ち止まっているのか‼って感じです(;´∀`)

    ASKAさんのふにゃふにゃスキャット(笑)
    確かに、ふにゃふにゃ言ってますね( *´艸`)

    • ダイマツ より:

      みずきさん>

      こんにちは、コメントありがとうございます

      あの歌い出しの声、ライブ映像では
      ○○○を使って歌ってるんですよ!
      この曲も「パパラッチ~」同様、
      DOUBLEのツアーライブ映像で見られるんですが、

      みずきさんはまだ見てないってことで
      ネタバレしないように気を付けてみました^^
      (動画を探せば見つかるような気もしますが…)

      立ち止まり具合は僕も恐らく
      変わらないレベルだと勝手に思ってますので
      ご安心を(笑)

      フニャフニャ歌ってるスキャットとか、
      ちょっとした小ネタ的な感じで入れてみたんですが
      わざわざ拾ってくれてありがとうございます(笑)


コメントをどうぞ

このページの先頭へ