イメージ画像

TREE Digest/CHAGE&ASKA(c/w)

 

 
 
 
【収録作品】
■シングル
僕はこの瞳で嘘をつく
(c/w:TREE Digest)

 
 
 

 

補足情報

 

●1991/11/21:ポニーキャニオンよりシングル発売

●A面収録楽曲:僕はこの瞳で嘘をつく

 

レビュー

 

アルバム『TREE』発売の約1ヵ月後、
その収録1曲目である
僕はこの瞳で嘘をつく」が
シングルカットされました

 

シングル曲は、アルバムの中に
収録されてもなお他の曲と比べて、
何か別格なオーラを持っている、
そんな感覚を誰しもが覚えると思います

 

「僕はこの瞳で嘘をつく」が
シングルとして発売された前後で、
『TREE』を聴いた時に感じた感覚が
ちょっと変わってくるのは
何とも貴重な体験でした

 

まぁ、そんな“僕うそ”談義は余談で、
問題はそのシングルの
カップリング曲として収録された
「TREE Digest」という、

 

これまでのCHAGE&ASKAには無かった、
新しい形の楽曲との出会いでした

 

この曲にはしばらく
良い印象を持ってませんでした
考えてもみて下さい、
これを聴いたのはアルバム
『TREE』をしこたま聴いた後なんですよ

 

今さらダイジェストかよ!
…という気持ちになっても
仕方ないですよね?

 

しかしですね、後々になって
じっくりと聴きながら思ったんですが、
この曲すげー面白いんですよ

 

大体からして、アルバム曲を
ダイジェストにして編曲するという試み、

これが新しい上に一つの楽曲として
形にするというのが、

何とも新鮮で面白い“存在”だと
感じざるを得ません

 

そして、アルバムの曲順を
無視して再構成し、繋げ、
スムーズに一曲として
楽しめる仕上がりは、
本当によくできてます

 

さらにさらに!

 

『TREE』を存分に堪能した方には、
「TREE Digest」の曲順で
違った側面から『TREE』を
楽しめるおまけ付き!

 

(おまけは、自分で『TREE』の
曲順を変えてお楽しみ下さい)

 

好きなアーティストの
好きな曲を選んで、

自分だけの“マイベスト”を
作って楽しんだ、

という経験は多くの方が
通ってきた道だと思います

 

この『TREE』のもう一つの楽しみ方は、
公式に曲順を変えた
ダイジェスト版を基に、

 

アルバムの曲順を手動で変えて
楽しむことのできる、
新しいタイプの聴き方でもあるのです

 

それでは「TREE Digest」を
聴いたことがない方のために、
その入れ替えられた曲順を
紹介しておきましょう

 

【「TREE Digest」収録曲】

僕はこの瞳で嘘をつく
BAD NEWS GOOD NEWS
CATCH & RELEASE
夜のうちに
CAT WALK
誰かさん~CLOSE YOUR EYES~
明け方の君
クルミを割れた日
MOZART VIRUS DAY
tomorrow
BIG TREE
SAY YES

 

アップテンポの楽曲での3連弾、
CAT WALK」でバランスを保ちながら
クルミを割れた日」までの中盤を
ミドル、スローな曲で落ち着かせ、

締めの「SAY YES」に向けて
終盤のカラーを持った楽曲を配置

 

僕は、この流れも結構好きですね
感じ方は聴く人によって様々ですので、
色んな形で楽しんで下さいね

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ