イメージ画像

Mr.ASIA/CHAGE&ASKA(c/w)

 

【収録作品】

■シングル
ロマンシングヤード
(c/w:Mr.ASIA)

■アルバム
・Mr.ASIA
・Yin & Yang

■映像作品
・WE SHALL RETURN!
 ~君だけのチャゲ&飛鳥 PART II~
・CONCERT MOVIE GUYS
・史上最大の作戦 THE LONGEST TOUR
 1993-1994
・ASIAN TOUR IN TAIPEI

 
 

補足情報

 

●1987/10/05:ポニーキャニオンよりシングル発売

●A面収録楽曲:ロマンシングヤード

●作詞・作曲:ASKA、編曲:佐藤準、コーラス編曲:山里剛

 

レビュー

 

モーニングムーン」で音楽性の転換に成功したCHAGE&ASKAは、
その勢いを保ちながら、アルバム『TURNING POINT』『MIX BLOOD』、
そしてこの「Mr.ASIA」を収録した『Mr.ASIA』を
発表していきます
 

そのどれもが、レーベル移籍後によるこれまでの
“演歌フォーク”というイメージを払拭するような
楽曲で埋め尽くされていたのです

 

アルバムの核となる「Mr.ASIA」は、
かつてフジテレビで放映された『世界紅白』での
自分たちのライブの模様を歌った楽曲で、
その臨場感は、歌詞からも演奏からも
リアルに伝わってきます
 

この熱を帯びた楽曲は、
CHAGE&ASKAの活動史上
類を見ない、最も勢いを感じる
楽曲となりました

 

アレンジャーには、
「モーニングムーン」でその才能を発揮した
佐藤準がこの「Mr.ASIA」をも手がけ、
アルバム『Mr.ASIA』の中でも
「スローダウン」や、
 

世界紅白で披露したシングル「指環が泣いた」と
ロックテイストなナンバーを
聴かせてくれます

 

CHAGE&ASKAの音楽を聴き続けていく中で、
避けては通れない楽曲というのがいくつかあります
その中でも、この「Mr.ASIA」を
知らないファンはいないだろうと断言します
 

ぜひ、目を瞑って歌詞をなぞりながら
イメージして聴いてみて下さい
CHAGE&ASKAの熱いライブシーンを
思い浮かべることが出来ることでしょう

 

そして、『Mr.ASIA』の発表から5ヵ月後には
シングル「ロマンシングヤード」をリリースしましたが、
そのc/wには、この「Mr.ASIA」が収録されました
 

「ロマンシングヤード」も負けず劣らずの
熱いロックナンバーであり、
何ともスペシャルなシングルが
完成したのです

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. KN より:

    ダイマツ様
    はじめまして。

    いつも拝見させて頂いていますが、コメントは初となります。
    「Mr.ASIA」は本当にすごい楽曲だと思います。
    サビのダイナミックなメロディラインは、J-POPの域を超えて、サビだけをオーケストラアレンジすれば、スターウォーズで流れていても違和感が無いすごいメロディだと思います。

    「ロマンシングヤード」とのカップリングは仰る通りスペシャルなシングルだと思います。「SAY YES」と「告白」に匹敵するでしょう。というか、両A面の間違いでは?と言いたくなる位(「SAY YES」と「告白」も同様)、凄い2曲だと思います。

    • ダイマツ より:

      KNさん>

      はじめまして!
      はじめましての方のコメントが
      とても嬉しい今日この頃、
      ありがとうございますm(_ _)m

       

      いつも拝見させて頂いていますが、コメントは初となります。>>

      そうでしたか、いつも遊びに来てくれてたんですね!
      初コメント、とても嬉しいです
      ありがとうございます!

       

      サビだけをオーケストラアレンジすれば、スターウォーズで流れていても違和感が無いすごいメロディだと思います。>>

      「Mr.ASIA」のサビをオーケストラアレンジに!
      今ちょっと想像してみましたが、
      確かに壮大な雰囲気を感じ取りました
      ぜひリアルに聴いてみたいですね^^

       

      「SAY YES」と「告白」に匹敵するでしょう。>>

      こうしたコメントはファンならではですよね~
      やっぱり良い曲や名曲だと感じるものは
      ファンのみなさんと共通してますね

      そして、そんな方たちと交流できることが
      何より嬉しいです^^
      また遊びに来て下さいませ!

       


コメントをどうぞ

このページの先頭へ