イメージ画像

レビュー:モナリザの背中よりも/CHAGE&ASKA

 

【収録作品】

■アルバム
・SEE YA

■映像作品
・SEE YA
・太陽と埃の中で
・CONCERT MOVIE GUYS
・夢の番人 SPECIAL EVENT 1993 GUYS
 (Blu-ray版のみ)
・ASIAN TOUR IN TAIPEI

 
 

補足情報

 

●1990/08/29:発売のアルバム『SEE YA』に収録

●作詞・作曲:ASKA、編曲:ASKA/Jess Bailey

●国内信販 KCカード CMソング (1990年)

 

レビュー

 

CHAGE&SKAの黄金期ともいえる
1990年代において、
ライブでは最高の盛り上がりを見せる曲が
Energy」と
「モナリザの背中よりも」
です

 

この2曲は当時のライブでは
ほぼセットで演奏され、
この2曲を歌う時には
CHAGEとASKAのテンションは
ノリにノッています
本当に楽しそうなんですよね

 

ワイヤレスのヘッドセットを装着して
ステージ上を右へ左へ動き回る、
体力の消耗などお構いなしのように
それでも歌はブレることなく
綺麗に歌い上げる、

 

この曲のライブパフォーマンスを見れば
彼らが本物のライブミュージシャンだと
気付くことでしょう

 

「モナリザの背中よりも」は
愛し合う男女のベッドシーンを
男性目線で描いた、
ウキウキするようなラブソングです

 

アルバム『SEE YA』で聴いた時から、
彼らの楽曲の中でも
良い曲の部類に入るのですが、

 

そんなファンの気持ちを表すかのように
ライブでは様々な“遊び”を取り入れて
盛り上げてくれるので、
人気の高い楽曲として多くのファンが
聴き続けていると思います

 

ヘッドセットを付けた二人が
ステージ上を走りながら
サビの歌詞にならって
女性のボディラインを両手で描いて抱く、
というジェスチャーを
何度も何度も堪能しました

 

あとは、ステージ床に作られた
歩く歩道のようなベルトコンベアーを
巧みに使いながら、
時にはその上を歩き、止まり、
パフォーマンスを一際盛り上げる
アイテムも忘れることができません

 

そうしたイメージでこの曲を聴くと、
すごく新鮮に見ることのできる
映像作品があります

 

『SEE YA』のPV集が
それにあたりますが、
そこに収録された「モナリザ~」の
映像は、なんとライブハウス!

 

初のロンドンレコーディングにより
制作された『SEE YA』ということで、
PVもロンドンでの収録になっており、

 

ドキュメンタリー的な形で
収録楽曲を楽しむことができるのですが、
ロンドンの小さなライブハウスで
CHAGE&ASKAが数曲演奏する場面で、
「モナリザ~」を聴くことができます

 

その時のライブは
日本のアリーナクラスでの
遊び心満載のライブパフォーマンスではなく、

 

こじんまりとしたステージで
二人がギターを抱え、
あたかもアマチュアバンドが
ライブハウスで演奏しているかのように
演奏と歌に注力した、
新鮮な「モナリザ~」を楽しめます

 

“遊び”を詰め込んだ
黄金期のライブで聴くのも
楽しいですが、
ライブハウスのステージで聴く
「モナリザ~」にも
相当な良さを感じました

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ