イメージ画像

冬の夜/CHAGE&ASKA

 

 

【収録作品】

■アルバム
風舞

 
 
 
 

補足情報

 

●1980/04/25:発売のアルバム『風舞』に収録

●作詞・作曲:ASKA、編曲:笛吹利明

 

レビュー

 

ギターの艶やかな演奏が、
「冬の夜」という曲名に伴って何とも寒く、
冷たいイメージを膨らませます
この曲が、アルバム『風舞』の物悲しさを
最も引き立たせているといっても良いでしょう

 

演奏は本当にシンプルで、
聴こえてくるのはギターと
僅かなストリングスと、口笛

 

そしてASKAの乾いた声
他のどの収録曲よりも、
明らかに雰囲気を落としています

 

『風舞』の中で、最も物悲しい曲である、
と感じたのは何も演奏面の
話だけではありません
ASKAの乾いた声、
それだけでもありません

 

ずっと聴いているうちに、
気付くのが容易でありながら
当然のように気が付かなかったことが
ありました

 

CHAGEが歌っていないんです!

 

初期の彼らの楽曲は、
二人で一つの曲を均等に歌っている、
ということを「夏は過ぎて」の
レビューにも書きましたが、

 

まさかその次に収録されている
「冬の夜」でASKAの独唱を
聴くことになるとは…

 

一曲を二人で、メインボーカルを
交互に採りながら歌うという
新鮮な一面を見せたすぐ後に
良い意味で裏切ってくるのが、
彼らの音楽の醍醐味でもあります

 

そして、一等の物悲しさを演出するのに
ASKAがただ一人で歌う、という
楽曲に対する徹底ぶり
さすがとしか言いようがありません

 

そして、しんしんと伝わってくる
冬の寒さ、雪の冷たさが
彼女と別れた男性の心境と重なって
寂しくなる気持ちを、本当にリアルに
表現しているのです

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ