イメージ画像

冬に置きざり/CHAGE&ASKA(c/w)

 

【収録作品】

■シングル
流恋情歌
 (c/w:冬に置きざり)

■アルバム
風舞

 
 

補足情報

 

●1980/02/25:ワーナー・パイオニアよりシングル発売

●A面収録楽曲:流恋情歌

●作詞・作曲:CHAGE、編曲:瀬尾一三

 

レビュー

 

デビューシングルのB面「あとまわし」と同様、
『風舞』のボーナス・トラックとして収録された
シングル2作目「流恋情歌」のB面、
「冬に置きざり」です

 

初期のCHAGEにしては
珍しく作詞までしており、
貴重な一曲として
堪能することができます

 

この曲は、
夢を叶えるために上京する男性と
その男性と別れ故郷に残る女性との別れを、
主人公である女性の目線から表現した
別れ歌となっています

 

CHAGE&ASKAがメジャーデビューする前は、
フロントの二人と演奏をするバンドメンバーで
構成された“CHAGE&ASKA”でしたが、

 

いざデビューする時には
CHAGEとASKAの二人だけしか
メジャーへの切符を手に入れられなかった、
という経験をしています

 

この曲の内容にある
女性の心境とは違いますが、
こうした大切な人と離れることでしか
夢を実現できない、という現実もある
そんな経験を歌っているようにも思います

 

演奏はあくまで優しく、
ほのぼのとしたイメージを
持ってしまうのですが、

 

これは冷たく突き放しているようで
実は上京する男性も
女性と別れるのが辛いこと、

 

そして別れた後の女性の幸せを願う
最後の優しさを
表現しているのかも知れません

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ