イメージ画像

レビュー:Darlin’/CHAGE&ASKA(c/w)

 

【収録作品】

■シングル
・MOON LIGHT BLUES
 (c/w:Darlin’)

■アルバム
・INSIDE

 
 

補足情報

 

●1984/03/25:発売のアルバム『INSIDE』に収録

●作詞・作曲:CHAGE、編曲:平野孝幸

 

レビュー

 

「Darlin’」を収録した
アルバム『INSIDE』を
初めて聴いた時には、
この曲にはそれほど
注目していませんでした

 

初期のアルバムは
『風舞』から『Z=One』まで
元々10曲収録のところを、

 

CDで発売されてからは
レコード盤で発表していた頃の
シングルのB面曲を
ボーナストラックと称して
10+2曲収録となっています

 

そうしたおまけ的にねじ込んだ
楽曲というイメージも重なり、
どこか遠ざけていたのかも知れません

 

しかし、つい最近になって
ヘビーにCHAGE&ASKAを
聴き返していると、

 

この「Darlin’」という曲が
アルバムの中で良いバランスを保って
全体の良さを演出しているように
思うのです

 

CHAGEがメインボーカルを採り、
Bメロからサビに続けて
ASKAがコーラスをする、

 

王道とは綺麗に逆のパターンで
良い意味で型にはまった
隠れた名曲の一つと
個人的には思っています

 

歌詞は、
愛し合う二人の夜の営みを
荒削りながら新鮮味を感じる
CHAGEの作詞で
表現されています

 

4ビートのドラム、
8ビートのベースという
シンプルなリズム隊の上を

 

塩コショウを少々振った程度の
これまたシンプルなサウンドで
味付けし、
二人の声が透き通るようにくっきりと
リスナーの耳に聴こえてきます

 

間奏にはフラメンコ調の
アレンジを施し、
2コーラスからは
女性コーラスを随所に配置、

 

楽曲全体に華が足され、
後半から終わりにかけて
どんどん盛り上がっていきます

 

初期のアップテンポなCHAGE楽曲で
かなりオススメなので、
久しぶりに聴いてみるも良し、

 

初めて聴く人は
アルバム『INSIDE』で
全体の雰囲気を楽しみながら
色んな角度から
CHAGE&ASKAの魅力を
見つけみて下さい

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ