イメージ画像

レビュー:BELIEVE IT?/CHAGE&ASKA

 

【収録作品】

■アルバム
・RHAPSODY
・Yin & Yang

■映像作品
・HISTORY II~PRIDE~
・太陽と埃の中で2

 
 

補足情報

 

●1988/03/05:発売のアルバム『RHAPSODY』に収録

●作詞:ASKA、作曲:CHAGE、編曲:瀬尾一三

 

レビュー

 

さすがCHAGEの曲だわ、
ASKAには絶対書けない曲だし
他のどのアーティストからも出てこない

 

逆も然りの話ですが
ここまでCHAGE色全開の奇妙な曲は
やっぱり彼の持つ
特異な音楽的センスなんだなぁ、
と思わされます

 

そして、
この曲に詞がのっていない状態で
レコーディングをしていた時、
ASKAがふらっとやってきて

 

「インスピレーションがわいたから、
詞を作らせてくれ」
という流れでASKAが作詞をしました

 

当時のCHAGE&ASKAとしては
珍しい共作の楽曲で、
いやもしかすると活動史上
初めての共作かもしれません

 

以降、CHAGE作曲でASKA作詞の
曲はいくつか作られましたが、
逆のパターンはなく、
ASKAの作曲でCHAGEが歌う
というものもありません

 

「BELIEVE IT?」は、
CHAGEが作曲したものに
ASKAが詞をのせ、
ASKAがメインボーカルを採る
珍しいタイプの曲です

 

内容は、
「某女優と酒の勢いで
まずいことになっちゃった」
とASKAがいうように、

 

主人公である男性の
目線から描写した、
思いっきりストレートな歌詞で、
ある種コミカルな雰囲気を
醸し出しています

 

先にも書いたように、
CHAGEの奇妙な
音楽的センスが産み出した、
奇妙でありながら格好良い
不思議な楽曲です

 

そして、この曲を聴いて
インスピレーションがわき、
イメージぴったりの作詞を
当て込んだASKAの詞的センスも
実に見事です

 

間奏に入るパトカーのサイレン音は、
焦りや緊張感を演出し、
某女優の慌てっぷりを
容易に想像させてくれます

 

テンポ180という
ハイスピードで展開される演奏が
焦りに拍車をかけ、

 

男性の心情である
「何にも覚えちゃいない」
という失望感をも
同時に表現していて、

 

やっぱりどうしても
コミカルな楽曲だと
感じてしまいます

 

アルバム『Yin & Yang』にも
収録されたこの曲は、
スタッフの中でも彼らの
名曲の一つとされているのが
納得できる一曲ですね

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 7033 より:

    動画を見て「カッコイイ!」と思い、歌詞を頼りにこちらにたどり着きました。
    解説も参考になりました。
    さっそくアルバム探しに行ってきます♪

    • ダイマツ より:

      7033さん>

      はじめまして、コメントありがとうございます!

      7033さんはもしやチャゲアスのファンではない方?
      それとも聴き始めたばっかりくらいのファン?
      なのかな、とコメントを読んで思いました

      この曲をカッコイイ!と感じられたら、
      他のチャゲアス曲も受け入れる心を
      充分にお持ちかと思いますので、

      ぜひアルバムをゲットして頂き、
      他の楽曲も気に入ってもらえたら
      嬉しく思います

      また機会があれば遊びに来て下さいませ~^^


コメントをどうぞ

このページの先頭へ