イメージ画像

NとLの野球帽/CHAGE&ASKA(c/w)

 

【収録作品】

■シングル
・river
(c/w:NとLの野球帽)

■アルバム
・CODE NAME.2 SISTER MOON
・PROLOGUE
・CHAGE&ASKA VERY BEST
 ROLL OVER 20TH
・THE BEST

■映像作品
・20th Anniversary Premium Live
・LIVE BEST 1995-1999
・千年夜一夜ライブ
 ~福岡ドーム僕らがホーム
・CHAGE and ASKA CONCERT TOUR
 01>>02 NOT AT ALL
・CHAGE and ASKA COUNTDOWN LIVE
 03>>04 in SAPPORO DOME
CHAGE and ASKA
 25th Anniversary Special
 チャゲ&飛鳥 熱風コンサート

CHAGE and ASKA CONCERT TOUR
 2004 two-five

・CHAGE and ASKA Concert
 2007 alive in live
・Chageドキュメント 2009~日々即是空~

 
 

補足情報

 

●1996/02/19:ポニーキャニオンよりシングル発売

●A面収録楽曲:river

●1996/04/22:発売のアルバム『CODE NAME.2 SISTER MOON』に収録

●作詞・作曲:CHAGE、編曲:重実徹

 

レビュー

 

この曲は、CHAGE派である僕が
CHAGE&ASKAのCHAGE楽曲の中で
最も好きな楽曲であり、
延いてはCHAGE&ASKAの中で
最も好きな楽曲でもあります

 

CHAGEの少年時代をイメージできる
郷愁にかられる歌詞、
澄んだ歌声、ASKAのコーラスが
彼らの故郷である北九州市小倉の
空に響いているような気持ちになります

 

CHAGEが少年時代を歌った曲には、
MULTI MAXの「MILKY WAY BLUES」が
あります

 

この「NとLの野球帽」より5年も前に
故郷の小倉を思い出しながら
工業地帯という地域性に着目して
曲を作ったようです

 

その点こちらは、そうした地域性に加えて
自分と共に過ごした家族を思い浮かべ、
少年だった自分が歌手として
ステージに立っているその視点から
遠い昔の故郷をしのぶ曲と
なっているのです

 

1969年、という年は
CHAGEにとってキーワードとなるくらいの
重要な年だったのでしょう
少年時代の生活に感じた
豊かさや幸福感が、歌の節々から
否応なしに伝わってきます

 

MULTI MAXの「MULTI MAXのテーマ」にも
1969年という歌詞が織り込まれ、
その頃にはCHAGEを取り巻く世界が
光り輝き、愛に満ち溢れていたことを
「NとLの野球帽」でも歌っています

 

ライブ映像では、
熱風コンサート』『千年夜一夜ライブ』
『MTV UNPLUGGED LIVE』が
特にオススメです

 

それぞれのライブで
それぞれの持ち味があり、
どれを見てもテンションが上がり、
また感動で身体が震えますね

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ