イメージ画像

レビュー:Trip/CHAGE&ASKA(シングル)

 

【収録作品】

■シングル
・Trip
 (c/w:ソプラノ)

■アルバム
・ENERGY
SUPER BEST II

■映像作品
・WALK
・CONCERT MOVIE GUYS
・CHAGE&ASKA CONCERT TOUR
 02-03 THE LIVE

 
 

補足情報

 

●1988/10/25:ポニーキャニオンよりシングル発売

●c/w収録楽曲:ソプラノ

●作詞・作曲;ASKA、編曲:十川ともじ

 

レビュー

 

ASKAの声で始まるこの曲は、
他のどの楽曲を探しても見つからない
唯一無二のものです

 

マイナー路線の楽曲は
この「Trip」の他にも沢山あり、
そういう意味では飛び抜けて
良い曲だなぁ、という印象としては
薄いような気がします

 

しかし、イントロから響く
ASKAのスキャット、そして
オリジナルアルバム『ENERGY』にのみ
収録された楽曲最後のスキャットは

 

この曲の歌に与えられた自由度、
と言っても良いほどに
ASKAの見事なスキャットを堪能できます

 

また、映像作品では
アルバム収録の楽曲最後のスキャットを
曲冒頭で聴くことができ、
これにより「Trip」を歌ってくれるという
先入観が生まれるわけですが

 

どの曲を聴けるか分かってしまうという
気持ちにさせられながらも
聴けることにワクワクしてしまう、
という不思議な感情を持つことのできる
楽曲でもあるのです

 

そしてこの曲のもう一つの魅力は
CHAGEの淡々としたコーラスにも
あると思います

 

スキャットを伸び伸びと歌うことで
ASKAの描く歌詞もどこか情熱的なものを
感じたりするのですが、
その対比となるようなCHAGEの
落ち着いたコーラスがまた映えるのです

 

さらにこの曲には
ある重要な要素が隠されていると
僕は感じています

 

「Trip」を発表したCHAGE&ASKAは
その翌年である1989年で
音楽活動10年目を迎えます

 

活動10年という節目で発表したシングルは
WALK」だったのですが、
この曲を発表する時にASKAは

 

スタッフから
「10年頑張ってやってきたんだから、
そろそろ好きなように曲作ってもいいんじゃないか」
というようなことを言われ、
あのような素晴らしい名曲を生み出したのです

 

そうして自由に作られた「WALK」の前に
「Trip」では自由に歌えるスキャットを取り入れ、
ある種の自由への足がかりを作ったんじゃないかとも
思えてしまうのです

 

そう考えると、
かつて“演歌フォーク”から脱却した
モーニングムーン」を彼らの転機とする一方で

 

「WALK」での自由な楽曲制作への転機を
象徴する曲が「Trip」なんじゃないか、と
捉えることもできます

 

この曲でのASKAのスキャットを聴いていると、
彼の自由な歌い回しの原点だとも思えてきて
この曲を名曲へと昇華させる一つの要因だと
感じられるのです

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. みずき より:

    こんばんは!
    「Trip」を聞いた時「これこそ、本物の歌手だっ!」って思った1曲です。
    一番印象に残っているのはやっぱり「GUYS」ですよ~(*´ω`*)
    あのイントロと♪ヤァ~ヤァ~ヤァ♪のスキャットで
    マイクをクルクルと回す仕草が鳥肌モノです。
    きっと、チャゲアスファン以外が見ると
    「YAH YAH YAH」が始まるのか?と、間違えるかも?(笑)
    あと、あのスモークとライティングの中に吸い込まれるような感じ!
    もう、幻想的すぎます( *´艸`)

    ♪はしゃいだ夜に 静かな朝 街の目覚めは 恋の眠り♪
    この「動と静」って感じの歌詞が、好きなんです。
    これも、代々木で歌って欲しい一曲でもあります!
    10年目でやっと好きに曲が作れるようになったんですね!
    知らなかった!いやぁ~よかった!って
    今さら何をいっているんだ、コイツ…って感じですね(笑)

    そして、チャゲアスのHPを見て思ったんですが
    実家の身内がFCに入っている場合
    入会している本人は行かなくても、チケットを取ってもらったら…
    非会員でも行けるんでしょうか?
    それとも、FC入会者が一緒じゃないとダメなのか?
    (会員証チェックがあるとか?)
    行くか行かないかは分からないとしても
    凄く…気になります。

    • ダイマツ より:

      みずきさん>

      こんばんは、コメントありがとうございます!

      そうそう、「Trip」も
      ノスタルジーを感じるには持ってこいな
      一曲ですよね!

      あの「ヤァーヤァーヤッ」から始まるのは
      オリジナルアルバムの曲最後に入ってるバージョンを
      ライブでは頭から歌うんですよね

      あれを聴くと「Trip」を歌うんだな、
      とすぐに分かるんですけど
      ASKAの声だけになったところで

      分かってても鳥肌が立つというね、
      あんな凄まじいイントロって他にはないですよね^^

      夏のライブの件ですが、
      非会員でも行けるんですが
      チケットを申し込んだFC会員が同伴しないと
      会場には入れません

      入場の際に身分証と会員証を
      見せないとダメらしいので
      たとえチケットが手元にあっても
      そのチケットを申し込んだFC会員がいないと
      入れないかと思います

      なので、会員証を借りただけでも
      結局は入れないということになりますねぇ

      チケットを譲ることのできるシステムが
      今回のライブで適用されるか分かりませんが、

      転売などを禁止するのならば
      せめて申し込まれたチケットは
      必ず取れるようにして欲しいですね

  2. みずき より:

    こんばんは!
    やっぱりそうですよねぇ~。ありがとうございます(^^ゞ
    今回は、注目されているライブでしょうから
    いつも以上にチェック体制が厳しいでしょうし…
    さすが「TUG OF C&A Presents」だけありますな。
    行くには、FCに入会している身内を説得するしかないか(笑)
    でも、「金銭的に無理っ!」って言ってたのでダメでしょう(/ω\)
    こうなりゃ、せめてグッズを通販で購入しよっと(笑)

    • ダイマツ より:

      みずきさん>

      こんにちは、コメントありがとうございます!

      そうでしたか、身内の方がFC会員なんですね
      金銭的に無理と言われたら、
      残念ですが諦めるしか…ないですかねぇ

      仮に行けるとしても
      身内の方と一緒に行くことになりますが
      それが不可能であれば
      残念としか言い様がありません(>_<) でも…そうですね… 何か行ける方法が他にあれば 良いですねぇ…


コメントをどうぞ

このページの先頭へ