イメージ画像

レビュー:黄昏を待たずに/CHAGE&ASKA(シングル)

 

【収録作品】

■シングル
・黄昏を待たずに
 (c/w:DIAMOND SAND)

■アルバム
・MIX BLOOD
・SUPER BEST
SUPER BEST II
・CHAGE&ASKA VERY BEST
 ROLL OVER 20TH

■映像作品
・ONE SIDE GAME 横浜スタジアム
・WE SHALL RETURN!
 君だけのチャゲ&飛鳥 PAR2
・HISTORY II~PRIDE~
・太陽と埃の中で2

 
 

補足情報

 

●1986/05/21:ポニーキャニオンよりシングル発売

●c/w収録楽曲:DIAMOND SAND

●1986/09/21:発売のアルバム『MIX BLOOD』に収録

●作詞・作曲:ASKA、編曲:ASKA/瀬尾一三/THE ALPHA

 

レビュー

 

シングル「モーニングムーン」を発表したことで
それまでCHAGE&ASKAに植え付けられた
“フォーク演歌”というイメージは
すっかり払拭されました

 

彼らの音楽に新しく導入された
シンセサイザーの音色は、
それ以降欠かすことのできないものに
なっていきます

 

そうした彼らの音楽の方向性を
確実に決定付けたのが
「モーニングムーン」の次に
発表された「黄昏を待たずに」と
言っても良いでしょう

 

煌びやかなシンセサウンドを活かした
印象的なイントロは、
聴けばすぐにこの曲だと反応してしまうほど
耳に残ります

 

歌詞は、ドライブデートを楽しむ
男女の恋模様を描いており、
積極的に女性にアプローチする
男性が目に浮かんできます

 

若々しいASKAが歌うからこそ
映える一曲とでもいいましょうか、
歌い方もASKA独特の捻り出す歌唱に加えて

 

何とも甘いムードを漂わせる声で
女性ファンを釘付けにしてしまいます(笑)

 

80年代の日本の歌謡曲、
そしてその後半からブームに火が付いた
トレンディドラマを予見するようなラブソング、

 

それらは日本のお茶の間を賑わす
大衆文化の礎を築いたとも思われ、
その歌を歌うCHAGE&ASKAは
そうした時代の象徴でもあるように
この曲を聴くとふと思うことがあるのです

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. みずき より:

    こんばんは!お仕事お疲れ様です。
    キタ~!この曲と言えば…
    ♪広がる~空にぃナイフを~ 入れてゆぅ~く~♪
    で、ASKAさんの右手で上から下へナイフを入れる仕草( *´艸`)

    ♪インクが~そぉっと~♪
    では二人同時にかがむっ!

    ♪キスをぉ~♪でカメラにキス(*´з`)でしょう!!

    初めて聞いたアルバムが「SUPER BESTⅡ」だったので
    めちゃめちゃ聞き込みましたよ。

    「キスをくれないか」とか「Sexy Lip」とか…
    この男性はどんだけ唇を狙っているんでしょうか(笑)
    落ち着いて、助手席に乗ってられません(;´∀`)
    そして、CHAGEさんの唇が浮かんでしまいます(笑)

    • ダイマツ より:

      みずきさん>

      おはようございます、コメントありがとうございます!

      意外と人気ですね~この曲^^
      歌詞だけ読んでると
      こっちが恥ずかしくなるような
      内容なんですが(笑)、

      いろんなモーションを見ながら聴くと
      恥ずかしさも若干和らぐというか、
      CHAGE発案の動きなんでしょうかね?

      ちょっとおちゃらけてくれないと
      ASKAが真面目に女性を口説くような感じで
      歌うのは見てられないですね^^;


コメントをどうぞ

このページの先頭へ