イメージ画像

パラシュートの部屋で/CHAGE&ASKA(シングル)

 

【収録作品】

■シングル
・パラシュートの部屋で
 (c/w:アジアンレストランにて)

■アルバム
・NOT AT ALL
・CHAGE and ASKA VERY BEST
 NOTHING BUT C&A

■映像作品
・CHAGE and ASKA CONCERT TOUR
 01>>02 NOT AT ALL
・CHAGE and ASKA
 VIDEO CLIP COLLECTION
 MUSIC ON FILMS
・CHAGE and ASKA CONCERT TOUR
 02-03 THE LIVE
CHAGE and ASKA COUNTDOWN LIVE
 03>>04 in SAPPORO DOME

・CHAGE and ASKA Concert
 2007 alive in live

 
 

補足情報

 

●2001/08/08:ユニバーサルミュージックよりシングル発売

●c/w収録楽曲:アジアンレストランにて

●2001/12/27:発売のアルバム『NOT AT ALL』に収録

●毎日放送 GET01 EDテーマ (2001年)

●フジテレビ 金曜エンターテイメント OPテーマ (2001年)

 

レビュー

 

ゆるいペースで
アルバムを発表してきた
後期CHAGE&ASKAの中でも
ベストな一曲がこの
「パラシュートの部屋で」です

 

ファンでも何でもない
僕の友人がこの曲を聴いて
甚く気に入ってくれたのも、
この曲の良さが滲み出ている
理由なのかな、と思います

 

チラッと見たライブ映像では
(確か『ツアーNOT AT ALL』)
後期のライブを担当している
バンドメンバーの
演奏もさることながら、

 

CHAGEが肩から下げた
アコースティックギターに
この曲の本質が
初期の彼らのフォークをも
思い起こさせます

 

歌詞の内容は、
男と女、二人だけの
甘美で官能的な世界を
描いています

 

爽やかで楽しそうな
演奏と歌とが、
その世界観を見事に
表現しており、
CHAGE&ASKAのカラーに
染められています

 

ぶっちゃけ書きますと、
ASKAの歌詞で
初めて“エロい”と
感じました(笑)

 

歌詞の中で「抱いた」とか
「やっちまった」という、
その行為自体をストーリーの
一部として書くことは
今までに何曲もありましたが、

 

その行為の始まりや流れではなく
“そのもの”を歌にしたのは
「パラシュートの部屋で」が
最初で最後だと思います

 

こういう曲を作ってしまうのも
この愛のために」の
レビューでも書いたように、
後期のCHAGE&ASKAが
自由に音楽を作れる場所であることを
象徴しているように感じるのです

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ