イメージ画像

男と女/CHAGE&ASKA(シングル)

 

【収録作品】

■シングル
・男と女
 (c/w:長い雨のあとに)
太陽と埃の中で
 (c/w:SOME DAY、男と女)

■アルバム
・黄昏の騎士
・Standing Ovation
・SUPER BEST
・CHAGE&ASKA VERY BEST
 ROLL OVER 20TH

■映像作品
The夏祭り 大阪城LIVE
・HISTORY I~10 years after~
・太陽と埃の中で
・太陽と埃の中で2
・史上最大の作戦 THE LONGEST TOUR
 1993-1994
・ASIAN TOUR IN TAIPEI

 
 

補足情報

 

●1981/10/25:ワーナー・パイオニアよりシングル発売

●c/w収録楽曲:長い雨の後に

●1991/01/30:ポニーキャニオンよりシングル発売

●A面収録楽曲:太陽と埃の中で

●1982/02/14:発売のアルバム『黄昏の騎士』に収録

●作詞・作曲:ASKA、編曲:瀬尾一三

●大阪ガス ガスルームエアコン CMソング (1988年)

 

レビュー

 

CHAGE&ASKAの魅力は、
何といっても“ハモリ”であると、
僕が長年CHAGEの
コーラスパートを覚え、
カラオケで歌ってきた経験から
そうだと思っています

 

CHAGEの代表曲である
vision」のレビューにも
書いた、

 

CHAGE曰く、
「チャゲアスはユニゾンが
気持ち良いんだよ!」

 

という本人の言葉を
全く無視した見解ですが、
CHAGE&ASKAの曲から
“ハモリ”は絶対に外すことは
できません

 

さて、なぜこれほどまでに
“ハモリ”の話をしたかといいますと、
彼らの曲には
「ハモっていて気持ちの良い曲」が
幾つかあるからです

 

僕の中での
「ハモっていて
気持ちの良い曲TOP3」を
ここで紹介しましょう

 

PRIDE
(映像作品『MTV UNPLUGGED LIVE』や
『CHAGE and ASKA Concert tour
2007 DOUBLE』でのCHAGEのコーラス)

 

SALOR MAN
(歌い出しからサビの終わりまで
ほぼCHAGEがハモっている曲)

 

そして、この「男と女」も
「ハモっていて
気持ちの良い曲TOP3」に
ランクインしています

 

悲しい別れ歌を、
CHAGEのコーラスがより一層
悲しみを引き立てる
素晴らしいコーラスワークを
聴くことのできる
「男と女」

 

Bメロから柔らかく入る
コーラスは、
まずBメロ全体をハモリで覆い、

 

次のサビでは、
その歌い出しこそユニゾンですが
すぐにコーラスとなり
“これぞチャゲアス!”的な
ハモリを堪能できます

 

ここまで流麗なコーラスを
聴いてしまったら、
もう後は自分で
歌ってみるしかありません

 

そして、そのコーラスを
歌うことが出来た時、
新たなチャゲアスの魅力に
憑り付かれてしまうのです

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ