イメージ画像

僕はMusic/CHAGE&ASKA(シングル)

 

【収録作品】

■シングル
・僕はMusic
 (c/w:crossroad~今を生きる僕を~/
 熱風)

■アルバム
DOUBLE
・CHAGE and ASKA VERY BEST
 NOTHING BUT C&A

■映像作品
CHAGE and ASKA CONCERT TOUR
 2004 two-five

・DOUBLE
CHAGE and ASKA Concert tour
 2007 DOUBLE

 
 

補足情報

 

●2004/12/08:ユニバーサルミュージックよりシングル発売

●c/w収録楽曲:crossroad~今を生きる僕を~/熱風

●2007/01/24:発売のアルバム『DOUBLE』に収録

●作詞:ASKA/松井五郎、作曲:ASKA、編曲:旭純

 

レビュー

 

後期のCHAGE&ASKAは、
「音楽は戦いである」と
語ったASKAが、
その戦いに追われることなく
自由に音楽を作っている、
そんなイメージがあります

 

音楽と戦わなければならない、
これは色んな捉え方が
出来るかと思いますが、
思い付いただけでも
二つのことを表している様に
思います

 

一つは、リスナーを
納得させることの出来る
作品を作ること
もう一つは、作り手である
自分たちが妥協せずに
作品を作ることです

 

後期の彼らが、
以前までの作品を
発表する期間を長く
空けることが多かったのは、

 

戦いを意識しつつも
CHAGE&ASKAとして出来ることは
やり尽くした、
戦い切ったことの
表れなのではないでしょうか

 

パラシュートの部屋で
36度線 -1995 夏-
「僕はMusic」の3曲は、
後期の楽曲の中でも一際ポップで、

 

“戦い”という枷が外れて
自由な表現を可能にしているようにも
聴こえます

 

それに、この曲の
歌い出しは自由で縛りのない
メロディーラインを、
演奏の上を滑りながら
軽やかに、そして楽しそうに歌う
二人の姿を思い起こさせます

 

かつて発表した代表曲、
WALK」の歌い出しを
何とも彷彿とさせる
自由さではありませんか

 

歌詞の内容も面白く、
人それぞれ考え方があり、
何が正しく何が間違いなのか
という正解はない、

 

“僕は音楽”と曲名にしたのも
大きな勘違いかも知れない、
しかし誰かにとっての間違いを
「間違いで悪いか!」と
表現できるのが
音楽の楽しさである、

 

だから勘違いでも
“僕は音楽”であり
悪いことではないんじゃないか、
そんなことを歌っています

 

“戦い”という枷が外れている、
そんな気にさせる曲だと
思いませんか?

 

曲を聴いているだけで、
こんなにもCHAGE&ASKAは
弾けた音楽を作れるんだなぁ、
とそのセンスの幅の広さに
感嘆せずにはいられないのです

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ