イメージ画像

レビュー:熱い想い/CHAGE&ASKA(シングル)

 

【収録作品】

■シングル
・熱い想い
 (c/w:恋はア・ヤ・フ・ヤ)

■アルバム
・熱い想い
・SUPER BEST

■映像作品
THE 夏祭り 大阪城LIVE
・HISTORY II~PRIDE~
CHAGE and ASKA
 25th Anniversary Special
 チャゲ&飛鳥 熱風コンサート

CHAGE and ASKA Concert tour
 2007 DOUBLE

 
 

補足情報

 

●1982/04/25:ワーナーミュージック・ジャパンよりシングル発売

●c/w収録楽曲:恋はア・ヤ・フ・ヤ

●1982/05/25:発売のアルバム『熱い想い』に収録

●作詞・作曲:ASKA/松井五郎、編曲;平野孝幸

●東映 映画『真紅な動輪』 主題歌 (1982年)

 

レビュー

 

初期CHAGE&ASKAの曲の中で
最も壮大で感動的なバラードが
この「熱い想い」です

 

この曲は、中国大陸をひた走る
機関車の雄姿を追ったドキュメンタリー映画
『真紅な動輪』の主題歌ですが、

 

“パシナ”と名付けられた機関車を
最愛の女性に例えて、
パシナに向けて作られたラブソングです

 

その歌詞はとても深い愛情を表現しており、
発表当時には彼らのファンが
「飛鳥さんが結婚するって本当ですか?」と
問い合わせるほどだったそうです

 

「熱い想い」を歌ったライブ映像

 

この曲を収録したライブ映像は、
公式の作品では
THE 夏祭り 大阪城LIVE
『HISTORY II~PRIDE~』

 

熱風コンサート
ツアー2007 DOUBLE
の4作品となります

 

『THE 夏祭り』の映像はコチラ
映像では「翼」を1コーラスだけ歌ってから
MCを経て「熱い想い」を歌っています

 

『熱風コンサート』での映像はコチラ
ライブの最後の曲だけあって、
MCも笑いなしの真面目なお話で
「熱い想い」へと繋がります

 

CHAGE&ASKAの活動の軌跡を
回り道だったと表現し、
歌詞の中の“回り道”とかけています

 

曲のイントロが始まった瞬間に
観客から小さな歓声が上がるのも
聴く際のポイントですね

 

『ツアー 2007 DOUBLE』の映像はアップされていませんが、
彼らのライブ映像の中で
最新の「熱い想い」となります
映像作品自体が素晴らしいので、
ぜひ見て欲しい作品の一つです

 

コチラの映像は
『HISTORY II~PRIDE~』でしょうか
知っている人がいたら、教えて下さい(笑)

 

そして、映像作品ではなく
TVやBSで放映されたと思われる映像が
コチラです

 

この映像で気になったのが
CHAGEの髪型!
カメラはずっとASKAを捉えていて
なかなかCHAGEを映してくれません

 

しかし、遠目から見ても
おかしなCHAGEの髪型は
どう見てもリーゼント(笑)

 

ここで、僕は『10年の複雑』という書籍の
下巻に書かれた一節を思い出しました

チャゲがサングラスをかけはじめたのは(略)
第二期チャゲ&飛鳥として活動するために、
自らをファッショナブルに飾ろうと
思いついたからだった。

それは(略)ヘアースタイルにも現れた。
横を極度に刈りあげたり、トサカのように逆立てたり、
極め付けは、頭の脇を剃って筋を入れ
ラメを塗ったハイウェイ・カットと称する
オリジナル・ヘアースタイルだった。

 

横を極度に刈り上げる、
トサカのように逆立てる、
そしてハイウェイ・カット

 

このどれかに当てはまる
髪型のような気がしてなりません(笑)

 

とにかく、どの「熱い想い」を聴いても
壮大で感動的なステージを
堪能することができますが、

 

「子供の頃にぶかぶかの服を着せられた」という
ASKAの語りから始まる「熱い想い」が
僕の一番のお気に入り映像です

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. みずき より:

    おはようございます!
    そう!ぶかぶか!私も好きです。
    でも、何のビデオに入っていたのか…忘れていたんですが
    BOX2の「HISTORY Ⅰ&Ⅱ」のDVDで発見!
    もう、鳥肌もの…うるうるきちゃいました(/ω\)
    ASKAさん語りに弱いです(笑)
    でも、当時は何とも思わなかったな(^^ゞ
    大人になってから聞くと、印象がかわります。

    このアルバムのジャケ写、機関車の影だったんですね。
    私、ずーっとロボコン的な影だと思ってました(爆)
    気づいたの…今です(;´∀`)

    ファッショナブルって、久々に聞きました(笑)
    「九州から大型台風上陸!」のイメージを
    打ち破りたかったんでしょうね。
    当時としては、カッコよかったんですよね?
    今となっては…人に歴史ありって感じです(笑)

    • ダイマツ より:

      みずきさん>

      おはようございます、コメントありがとうございます~

      『HISTORY』シリーズは
      もしかしたらVHSで見たかもしれない
      作品なんですが、

      何しろ僕が持ってるものは少なく
      記憶が曖昧なんですよね
      「ぶかぶか~」の語りが入る
      「熱い想い」を改めて?見たことで
      そんなことを思い出しました^^

      『熱い想い』のジャケ写、
      確かにロボットみたいに見えますよね!
      僕もずっと何のシルエットだろうと思ってましたが、

      機関車のドキュメンタリー映画と知って
      ようやく気付いた次第です(笑)

      CHAGEがサングラスをかけ始めたのも
      この頃だったと『10年の複雑』に
      書いてあったように、

      これまでとは違う自分たちを
      見せたかったんだと思います

      それにしても「ハイウェイ・カット」という
      ネーミングセンスもどうなんだろう?って
      ちょっと笑えますよね^^


コメントをどうぞ

このページの先頭へ