イメージ画像

36度線 -1995夏-/CHAGE&ASKA(シングル)

 

【収録作品】

■シングル
・36度線 -1995夏-
 (c/w:光の羅針盤)

■アルバム
DOUBLE
※別バージョン(-album ver.-)として収録
・CHAGE and ASKA VERY BEST
 NOTHING BUT C&A

■映像作品
CHAGE and ASKA
 25th Anniversary Special
 チャゲ&飛鳥 熱風コンサート

CHAGE and ASKA CONCERT TOUR
 2004 two-five

・DOUBLE

 
 

補足情報

 

●2004/08/25:ユニバーサルミュージックよりシングル発売

●c/w収録楽曲:光の羅針盤

●2007/01/24:発売のアルバム『DOUBLE』に別バージョン(-album ver.-)として収録

●作詞・作曲:ASKA、編曲:澤近泰輔
※作詞・作曲:ASKA、編曲:十川ともじ(アルバム『DOUBLE』)

 

レビュー

 

曲名に副題のように
「1995夏」と付けられているのは、
この曲がその年に制作されたからに
他なりません

 

当時の彼らが発表していた
シングル曲は
映画『ストリートファイター』の
主題歌である
「Something There」で、

 

もしこの曲をシングルとして
発表していたなら、
その次作で世に出たことでしょう

 

しかし、CHAGE&ASKAは
それをしませんでした
そのことについて、
ASKAはこう語っています

 

「楽曲が完成するギリギリの
ところまで作ってみたものの、
どうしても何かが足りない気がして、
アルバムの中にも入れませんでした」

 

このこだわり、
以前にレビューした
クルミを割れた日」を
彷彿とさせます

 

「クルミを割れた日」では
コードひとつ、ふたつが
メロディーを殺してしまっていて
完成していない印象があり、

 

セルフカバーアルバム『STAMP』で
その箇所を修正しようやく完成した、
ということでした

 

「クルミを割れた日」を
収録したアルバム『TREE』発表から、
実に11年が経過していました

 

この「36度線 -1995夏-」は
再レコーディングして発表に至るまで
9年が経過しています

 

こうした楽曲制作への
こだわりを垣間見ると、
『CONCERT MOVIE GUYS』での
ASKAの言葉である、

 

「信じて聴いてくれている
お客さんに偽物は作れない」
この一言を思い出します

 

その思いが9年後に
シングルとして形になり、
彼らの代表曲の一つに
成り得るほどポップに仕上がり、

 

かたやアルバム『DOUBLE』の
別バージョンでは、
1995年の原型とをミックスさせた
彼らにとって愛着のある
アレンジに仕上がったようです

 

1995年に制作されていた、
ということを知らなかった時は
パラシュートの部屋で」を発表した流れで、
このポップな雰囲気は
相当なハマリ具合だと感じていました

 

しかし9年も前に作ったと知った後では
再度レコーディングをしたとはいえ、
時間や時代のギャップを
微塵も感じさせないところは
さすがだなぁ、と
思わざるを得ません

 

ライブでも盛り上がる
後期CHAGE&ASKAの代表曲として、
ファンの間でも人気の高い
楽曲の一つだと感じています

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ