イメージ画像

チャゲアスといえばこの2曲

 

ここ最近はどうイメージされているか
分かりませんが、
CHAGE&ASKAが全盛期だった頃を過ぎて
ほとぼりが冷めてきた時、

 

必ず語られる2曲があり
濃いファン以外の人たちは
チャゲアスといえばこの2曲を
真っ先に取り上げることと
思います

 

「SAY YES」と「YAH YAH YAH」

 

90年代のJ-POPを語る上で
外すことのできない2曲、
それが「SAY YES」と「YAH YAH YAH」です

 

どちらも当時大人気のドラマで
その主題歌をチャゲアスが歌うことが
かなりの話題性を持っていました

 

「SAY YES」の存在が
彼らの活動をコレまで以上に際立たせ、
その頃にはASKAが
アイドル的な存在にまでなっていた
ように
思います

 

一方「YAH YAH YAH」といえば
ロングコートを着た二人が
強い向かい風を受けて
コートをなびかせながら拳を振り上げる、

 

当時を知っている人なら
こう書いただけで二人の姿を
イメージできることと思います

 

売れたがゆえの代償

 

さて、“セイ”と“ヤー”が
ここまで多くの人に認知されているのは
他でもないダブルミリオンという売り上げを
記録したからです

 

200万枚超という売上を記録した、
ということは
言い換えれば200万人以上の人の心に
それらの曲がインプットされた、
ということです

 

ましてやTVドラマの主題歌、
しかも月9という鉄板枠で放映していた
ドラマの主題歌となれば、

 

CDシングルを買わずとも
ドラマさえ見ていれば
主題歌を自然と覚えてしまいます
きっと200万という売上記録以上の
人たちの心に残っているはずです

 

かつてのCHAGE&ASKAは、
デビューまもなく「万里の河」がヒットし、
世間から“フォーク演歌”という
イメージを植え付けられました

 

その後しばらくして
モーニングムーン」を発表したことで
そのイメージを拭い去り、
ポップ路線へときっちり修正、

 

またしばらくは目立った音沙汰はなく、
太陽と埃の中で」で
ヒットの足がかりをとらえ、

 

「SAY YES」で爆発し、
「YAH YAH YAH」でのセカンドインパクト、
彼らの“波”の中でも
最も高い波がこの頃でした

 

楽曲がヒットするということは
それだけ世間からのイメージも極端で、
「万里の河」のようなことも
起こりうるのです

 

だからこそ、CAをよく知らない人たちが
この2曲を取り上げてしまうのも
当たり前のことなのです

 

きっかけになれば良い

 

「SAY YES」「YAH YAH YAH」が
ヒットしたことで、
CA本人たちにもきっと
この2曲をきっかけにしてファンを増やそう、
という気持ちがあったと思います

 

それは、この2曲が売れてからも
大抵のライブで歌ってくれているからです
映像作品の収録楽曲を眺めてみれば
その様子を伺うことができます

 

この2曲以外にも
たくさんの名曲をファンは知っています
しかし、ライブでこの2曲が流れてくると

 

やけにテンションが上がったり
涙腺が緩くなってしまうファンも多いかと思います

 

僕の場合、発売後20年経った
「YAH YAH YAH」をライブ映像で見た時、
感動で思わず目に涙を浮かべましたから(笑)

 

本当にたくさんの良い曲、名曲を
知っているし、
この2曲以上に好きな曲も
たくさんあるのですが、

 

“大ヒットした”=“多くの人の心を動かした”
楽曲の持つパワーってすごいんだな、
と改めて感じることができた
瞬間だったからですね

 

もうどれだけ聴いたか分からない数を
聴いてきた楽曲ですら
ファンを感動させるのだから、

 

この2曲をきっかけに
他のたくさんの良い曲、名曲を
聴いてくれたらCAの二人にとっても
ファンにとっても嬉しいことだと思います

 

そして、このブログから
CAを聴き始めたという人たちが
増えていくことを心から
願っているのです

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

2012/11/10 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:CA入門

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. みずき より:

    こんばんは!
    確かに、私も「セイ」きっかけでしたからね~
    そこから「はじまり」「僕瞳」と買って行って…
    チャゲアスファンの「ヘイッ!一丁あがりっ」です(笑)
    当時はラジオや有線でもガンガン流れていて、CDを持ってないくても
    耳にする機会が多かったと思います。
    CDが売れた時代だから、何年たってもCD売上ランキングに入りますしね。
    やっぱり、ヒット曲があるって凄い事だと思います。

    • ダイマツ より:

      みずきさん>

      こんにちは!コメントありがとうございます!

      僕は“セイ”が売れる少し前から聴き始めたんですが、
      ファンでない人からすれば
      チャゲアスといえば“セイ”と“ヤー”ですよね

      ダブルミリオンというヒットを叩き出したんだから
      間違いなくチャゲアス世代の人の
      記憶に残ってるはずです

      そうでなくても、後のTVでの音楽番組で
      懐メロを取り上げる際には
      チャゲアスならこの2曲を流す確率が高いです

      それをきっかけに聴き始める若い世代の人たちがいたら
      それはすごく嬉しいことですが、

      そうでなくてもチャゲアスというユニットが
      過去にいて、こんな曲で時代を担った
      ということを知ってもらうだけでも
      良いんじゃないかな、と思ってこの記事を
      書いた気がします

      良くも悪くもセイとヤーがつきまとうのがチャゲアスですが、
      聴いてみるとやっぱりセイもヤーも
      名曲だなぁと思ってしまいますね!


コメントをどうぞ

このページの先頭へ