イメージ画像

CHAGE and ASKA 25th Anniversary Special
チャゲ&飛鳥 熱風コンサート

 

チャゲ&飛鳥 熱風コンサート [Blu-ray]

【収録楽曲】

1.ひとり咲き
2.流恋情歌
3.万里の河
4.御意見無用’82
5.夏は過ぎて
6.モーニングムーン
7.夢から夢へ
8.21世紀
9.光の羅針盤
10.メドレー
―LOVE SONG
―パラダイス銀河
―Newsにならない恋
―ボヘミアン
―ふたりの愛ランド
―ふたり
―嘘
―伝わりますか
―シングル・ベッド
―YAH YAH YAH
―太陽と埃の中で
11.36度線 -1995夏-
12.夏の終わり
13.MOON LIGHT BLUES
14.熱風
15.魅惑
16.棘
17.Love Affair
18.南十字星
19.NとLの野球帽
20.野いちごがゆれるように
21.熱い想い
22.声を聞かせて
23.SAY YES
24.安息の日々

 
 

補足情報

 

●2005/03/23:ユニバーサルシグマより発売(DVD)

●2012/04/25:ユニバーサルシグマより発売(Blu-ray)

●収録時間:71分(Disc1)、78分(Disc2)

 

レビュー

 

かねてから見たい、見たい!
と思っていた『熱風コンサート』の
DVDを、ついに、ついについに!
購入いたしました!

 

CHAGE&ASKAの映像作品は、
他にも色々あるんですが、
どうしてもこれだけは絶対に
見ておきたい!

 

…という、強い気持ちがあったので
何よりも先行して
購入するに至りました

 

デビューから25年活動を続けてきた
CHAGE&ASKAが、
初期の作品から楽曲を引っ張り出してきて
新しいライブではまずお目にかかれない
曲を存分に堪能でき、

 

25年という年月により円熟された二人が、
初期の楽曲をどのように
表現してくれるのか、
そんなことを考えただけで
ワクワク感が止まりません

 

これが、僕がこの映像作品を
何よりも先行して購入した
理由です

 

そして、そんな僕の期待通り、
いやそれ以上のライブが
この映像作品に収められています

 

ASKAの声が初期の作品や
全盛期の頃よりも出ていないようですが、
それがこのライブの持ち味であり、
このライブでしか味わえない
臨場感でもあります

 

何より、歌手という“職人”を
25年休まず続けてきたASKAの
職人技という見方をすれば、
その時、その瞬間のASKAの声が
この映像作品を完成させている
要素なんだな、と
感じることができます

 

2曲目の「流恋情歌」で
早くも観客の目に涙が浮かんでいるのを見て、

泣くの早えーよ!

と思いましたが、
気付いたら自分も泣いてました(笑)

 

山場はココです!
みたいな紹介をしようかと思いましたが、
見た限りほとんど山場なので、
敢えてこの曲が良い!
なんてのは、挙げることができません

 

挙げるなら、もう全部!

 

本当に、どうしても、強いて
1曲だけ挙げるなら、
きちんとスタジオ音源化されていない
「声を聞かせて」
でしょうか

 

この曲は、CHAGEとASKAが
歌の中で観客に「声を聞かせて」と
呼びかけ、観客がそれに対して歓声で応える、
というのが定番の、
初期楽曲の一つです

 

滅多に聴くことのできない曲だけに、
観客の歓声もそれはもう盛大で、
ライブ終盤の涙を誘う
一曲でもあります

 

とにかく、この映像作品を
今まで観ていなかった自分が
本当に悔やまれるほど、
興奮冷めやらぬ作品です

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ