イメージ画像

The 夏祭り チャゲ&飛鳥 大阪城LIVE

 

【収録楽曲】

1.夏は過ぎて
2. 御意見無用
3. 長い雨のあとに
4. 万里の河
5. いろはにほへと
6. カーニバル
7. 花暦
8. 男と女
9. 21世紀
10. 翼
11. 暁
12. 魅惑
13. 誓い
14. 南十字星
15. 悲炎
16. 翼
17. 熱い想い
18. 終章
19. ひとり咲き
20. 歌いつづける

 

補足情報

 

●1983/07/01:パイオニアLDCより発売(VHS)

●2009/08/26:YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONSより発売の
『CHAGE and ASKA LIVE DVD BOX 1』に収録(DVD)

●収録時間:100分

 

レビュー

 

CHAGE&ASKAをして初めての
ライブ映像作品が、この
『The 夏祭りチャゲ&飛鳥 大阪城LIVE』
です

 

アルバム1作目『風舞』から
4作目『21世紀』に加えて、
映画『真紅な動輪』の
サウンドトラックとして発売された
『熱い想い』に収録された楽曲を

 

ライブ版で堪能できる、
とても貴重な映像作品と
なっています

 

この映像作品のVHS版には、
歌詞カードが同梱されていますが、
それを眺めていると
面白いことに気が付きます

 

収録楽曲の全20曲のうち、
「翼」が2回歌われているので
厳密には全19曲、
その中でASKA作曲が10曲、
CHAGEが9曲という内訳です

 

後々のライブでは、
いやライブに留まらず
アルバム中の曲やシングル曲まで、
ASKAの楽曲がメインとなっていますが、

 

デビュー3年を経過した
彼らの立ち位置は、
ほぼ同じであると想像できます

 

しかも、一つの曲の中で
二人が交互にメインボーカルを
採る曲の多いこと!
かなり新鮮な気持ちで、
この映像作品を見ることができます

 

そして、さすがに若い頃の
ライブだけあって、
そのパワーや会場の熱気、
彼らの一生懸命な姿を見ることもでき、
テンションが上がらない訳がありません

 

特筆すべきは、
CHAGEの「終章(エピローグ)」ですね
CHAGEは、この曲を歌う時には
必ず両手を腰に当てて歌います

 

このライブの映像から始まり、
その後のライブ映像でも
両手を腰に当てて
「終章(エピローグ)」を
歌う姿を見ると、

 

時代を超えてラップする
過去と未来の映像に
涙が込み上がります

 

そして、スタジオ音源では
未収録の「歌い続ける」も必聴です
CHAGE&ASKAのライブ映像には、
こうしたスタジオ音源未収録の
楽曲をお目にかかることがあります

 

ライブアルバム
『LIVE IN YOYOGI STADIUM』の
「声を聞かせて」や、
映像作品『WALK』の「憧れ」も
ライブ音源でしか聴くことができません

 

この「歌い続ける」を聴くだけでも、
ぜひ入手しておきたい
アイテムだと思います

 

現在ではVHS版は廃盤となっており、
DVD BOXに収録されたものを見るか
、ビデオデッキが貴方の家で
今なお現役稼働中であれば、
どこかに現存するVHS版を
入手して見ても良いでしょう

 

とにかく、この映像作品は
チャゲアスファンを語るなら、
間違いなく持っていなければならない
作品である、と断言します

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. みずき より:

    はじめまして!みずきと申します。
    楽しそうなので、コメントさせて頂きますね。
    このVHS持ってましたよ。
    お二人が若すぎて、腹筋がよじれるくらい笑い転げてました。
    衣装も短パン?だし、笑撃すぎてそんなに見なかった映像でもあります(笑)
    そして「女心と秋の空」と言いましょうか…
    とある事情でファンから遠ざかってしまい、処分してしまいました(汗)
    まさか約20年振りに聞き出すとは!
    当時の私も予想していなかったでしょう(笑)
    只今、「こんないい曲だったのか‼」と言いながら聞きまくっています。
    (CDはレンタルですけどね…)
    消費税が上がる前にDVDは購入予定なので
    このお二人もちゃんと受け止めて見たいと思ってます(笑)
    出戻りファンではありますが、またコメントさせて頂くかも!?
    しれませんので、その際にはよろしく宜しくお願いします。
    ちなみに、当時ファンになったきっかけは、ベタではありますが
    小5の時に聞いた「セイ」です。と言うと…年齢がバレますね(笑)

    • ダイマツ より:

      みずきさん>

      初めまして、コメントありがとうございます!

      若い二人の姿を見て、腹筋がよじれるとはwww
      気持ちは分かりますよ~

      僕は今でこそCHAGE大好きですが、
      アルバムを買い漁って聴き込んでいた頃には
      CHAGEの難解な楽曲には
      理解できなさ過ぎて逆に笑ってしまう、
      ツボにはまるともう面白くて仕方がない

      そんな経験をしたことを覚えています^^

      ファンから遠ざかり、買った作品を売り払ったりするのは
      僕にもありますが、
      チャゲアスだけは(“だけ”ではありませんが)
      処分しませんでした

      自分の中で、このアーティストの作品だけは
      絶対に手離したくない、というものが
      今では5組?6組?くらいありまして、

      色んなCDを買って聴くのが趣味なので
      どんな作品も売るつもりはないですが
      コイツラ絶対一生好きだ!というのは
      チャゲアス以外にももちろんおります

      しばらくチャゲアスから離れていた時期はあったので、
      出戻りでも新参でもファンならばみんな同じです^^

      小5で“セイ”ということは…(計算中!)
      僕は中3の時に聴いた『SEE YA』というアルバムが
      チャゲアスを聴き始めたきっかけです

      小5でファンになるというのがすごいですよ!
      僕が小5の時には小泉今日子などアイドル歌謡を
      聴いてましたからね!

      計算してみたところ(笑)、
      そんなに歳も離れていず殆ど同世代みたいなもので
      どこかホッとした気持ちになりました^^


コメントをどうぞ

このページの先頭へ